So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
<ご連絡>
仕事や私事が重なり、しばらくの間、不定期の更新とさせて頂きます。
何卒宜しく御願い申し上げます。

「カラー版 東京凸凹地形散歩」今尾恵介 [本]

「カラー版 東京凸凹地形散歩」

著者:今尾恵介
発行:平凡社

今尾恵介氏の作品。
1959年神奈川県生まれ。
地図研究家。
日本地図センター客員研究員、地図情報センター評議員、日本地図学会「地図と地名」専門部会主査。
雑誌編集者を経て、91年よりフリー。
地図、地名、鉄道に関する著作多数。
近著に『日本地図のたのしみ』(ちくま文庫)、『地図マニア 空想の旅』(集英社インターナショナル)、『鉄道唱歌と地図でたどる あの駅この街』(朝日新聞出版)、『今尾恵介の地図読み練習帳100問』(平凡社)などがある。

関東平野の南部、荒川と多摩川に挟まれた地域に広がる台地は「武蔵野台地」と呼ばれるが、元は広大な扇状地で、約12.5万年前の最終間氷期に起きた海進によって内陸まで海が入り込み、海底に砂や泥を堆積した地層が形成されたという。
氷期の海岸線の後退で陸地化した地層が川に削られて階段状の地形となった地面は「面」といわれ、武蔵野台地は下末吉面、武蔵野面、立川面の三つに分かれているそうである。

本書は、東京の地形の痕跡を辿り、地形から東京の歴史をさぐる書き物である。
神楽坂・飯田橋、白金・高輪、本郷・御茶ノ水、砂町・東陽町、目白・落合、戸越銀座・大井町、自由が丘・等々力、など23のエリアが「都心・山の手編」「都心・下町編」「山の手・西北編」「武蔵野・郊外編」の4章に分けられて紹介されている。
鉄道や地名など地形以外の話題も盛り込まれた解説文や、エリア毎に掲載されている標高地形図で各エリアの地形の特性が把握しやすくなっている。この本が街歩きの楽しみを知るきっかけにもなるかと思う。


カラー版 東京凸凹地形散歩 (平凡社新書)

カラー版 東京凸凹地形散歩 (平凡社新書)

  • 作者: 今尾 恵介
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2017/04/17
  • メディア: 新書


nice!(70) 
共通テーマ:

nice! 70