So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
<ご連絡>
仕事や私事が重なり、しばらくの間、不定期の更新とさせて頂きます。
何卒宜しく御願い申し上げます。

「日本お土産キーホルダー大全」水上友 [本]

「日本お土産キーホルダー大全」

著者:水上友
発行:辰巳出版

水上友(みずかみとも)氏の作品。
お土産キーホルダー収集家。
WEBサイト『お土産キーホルダーでめぐる日本全国ぶらり旅』管理人。
収集歴25年以上、1万点を超えるキーホルダーを所有する、おそらく日本一のコレクター。

日本全国の観光地でお土産として販売されているキーホルダーは、昭和30年代半ばに山小屋で販売されていた登山記念のバッジが前身だそうである。
戦後初のレジャーとして登山が台頭し、山岳記念としてペナントが販売されていたが、より手軽でコレクション性のある土産として登場した登山バッジは大人気となり、次第に、山以外の全国の観光地でバッジが作られるようになったという。
東京オリンピックを契機とした高速道路の整備や昭和40年代のマイカーブームに伴い、複数の鍵をまとめることのできるキーホルダーは観光記念グッズの定番となり、観光地だけでなく、スキー場や博覧会、イベント会場でも販売されるようになったようだ。

筆者によると、お土産のキーホルダーには「貨幣」「ペナント」「地図」「通行手形」「切手」など、時代を反映したシリーズものが数多く存在するが、中でも「メダル」「切符」「浮彫り」シリーズが"三大定番"なのだそうだ。
本書は、日本全国の「お土産キーホルダー」を、"三大定番"をはじめ、各シリーズ毎に紹介する書き物である。
「縄目」「ダイヤカット」「中ベル」「通行手形/証明書」「小判/お金」「切手/ハガキ/手紙」などの人気シリーズ、自然や名所、武将や城、神社・仏閣・仏像、新幹線・道路・船など、テーマパークやタワーなど、様々なキーホルダーの写真が簡潔な説明とともに掲載されている。

また、キーホルダー作成の工程を公開するコーナーや、商品の企画・デザインから完成までを手掛ける「桂記章株式会社」の社長と筆者との対談、各部門の担当者へのインタビューなどが掲載されており、興味深い内容となっているかと思う。


日本お土産キーホルダー大全 (タツミムック)

日本お土産キーホルダー大全 (タツミムック)

  • 作者: 水上 友
  • 出版社/メーカー: 辰巳出版
  • 発売日: 2016/11/29
  • メディア: ムック


nice!(67) 
共通テーマ:

nice! 67