So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
<ご連絡>
仕事や私事が重なり、しばらくの間、不定期の更新とさせて頂きます。
何卒宜しく御願い申し上げます。

「古地図で巡る 江戸の怪談 不思議さんぽ帖」株式会社エディキューブ [本]

「古地図で巡る 江戸の怪談 不思議さんぽ帖」

編集:株式会社エディキューブ
発行:双葉社

江戸時代後期、目覚ましく発達した木版印刷技術により、怪談集が続々と出版された。
当時書かれた怪談には、フィクションだけでなく、庶民や江戸を代表する知識人、お奉行様や大名などのエリート階級が、身の回りから聞き集めた奇談や異聞をまとめたノンフィクションもあったという。
読書好きだった江戸っ子は怪談集に飛びつき、怖い話、不思議な話に魅了されたそうである。

本書は、古地図や現代地図、多数の写真や絵画を用いて、江戸の怪談や不思議、幽霊や妖怪伝説などの「怪異」の現場を紹介する書き物である。

第一章「江戸の七不思議と幽霊・妖怪伝説」では、人々が「七不思議」と呼んだ都市伝説について、有名な本所や麻布、江戸城を中心に紹介し、また、幽霊画から幽霊がいつ生まれ、どのように進化していったのかを探っている。
第二章「百鬼繚乱 江戸の怪談スポット」では、江戸の怪談の舞台をエリア別に巡り、当時の文献から様々な怪談が抜粋して掲載されている。
日本橋、伝馬町、八丁堀、上野、下谷、浅草、深川、本郷、小石川、神楽坂、雑司ヶ谷、神田、湯島、四谷大木戸、赤坂、中野、八王子が怪談の舞台として紹介されている。
第三章「もっと知りたい!江戸の不思議と怪談」では、河童、天狗、狐狸などジャンル別に怪談を紹介、怪談専門誌『幽』編集長 東雅夫さんのインタビューも掲載されており、充実した内容となっているかと思う。


古地図で巡る 江戸の怪談 不思議さんぽ帖 (双葉社スーパームック)

古地図で巡る 江戸の怪談 不思議さんぽ帖 (双葉社スーパームック)

  • 編集: 株式会社エディキューブ
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2014/07/17
  • メディア: ムック


nice!(70) 
共通テーマ:

nice! 70