So-net無料ブログ作成
<ご連絡>
仕事や私事が重なり、しばらくの間、不定期の更新とさせて頂きます。
何卒宜しく御願い申し上げます。

前の10件 | -

目黒川の桜2019 その2 [日記・雑感]

3月22日の目黒川の桜の様子です。
CIMG6974-2_1.jpg
まだ蕾(つぼみ)の方が多いようでしたが、ところどころで花が開いている様子を見ることができました。
CIMG6967-2_1.jpg
桜を見に訪れる人はまだあまり多くないようでしたが、開花が進むと賑やかになりそうです。


俳句を置かせて頂きます。

朝桜揺らぎ天竜ながれたり 水原秋櫻子




角川俳句大歳時記「春」

角川俳句大歳時記「春」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/12/30
  • メディア: 単行本



nice!(48) 
共通テーマ:日記・雑感

目黒川の桜2019 桜の花芽 [日記・雑感]

昨日(3月15日)の目黒川の桜の様子です。
CIMG6932-2_1.jpg
日中はだいぶ暖かく感じられる日が増えてきました。
日当たりの良い場所では、新しく伸びた枝に付いた芽が膨らんできています。
CIMG6940-2_1.jpg
今年も桜の開花が待ち遠しい季節となりました。


俳句を置かせて頂きます。

万年筆の中に泉やさくらの芽 正木ゆう子



角川俳句大歳時記「春」

角川俳句大歳時記「春」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/12/30
  • メディア: 単行本


nice!(55) 
共通テーマ:日記・雑感

「クリームソーダ 純喫茶めぐり」難波里奈 [本]

「クリームソーダ 純喫茶めぐり」

著者:難波里奈
発行:グラフィック社

難波里奈氏の作品。
東京喫茶店研究所二代目所長。
東京を中心に全国の純喫茶を巡り、2012年には初の著書『純喫茶コレクション』を上梓。また雑誌への寄稿やテレビ、ラジオ番組、トークイベントなどにおいて純喫茶の魅力を広めている。

全国の純喫茶を訪れたという著者によると、各地の純喫茶で出されているクリームソーダのソーダ水はグリーン色が一番多く、グリーン以外ではブルーのものが多いが、色合いや濃淡は店によって様々だという。
また、色の種類も大半が1種類から2、3種類だが、東京・神保町の「さぼうる」(6種類)、京都「SHINSETSU」(24種類)のように多くの種類を揃える店もあるそうだ。

本書は、著者が訪れた各地の純喫茶と、店で提供されているクリームソーダが紹介されている書き物である。
北海道函館市「COFFEE ROOM きくち」、宮城県仙台市「どんぐり」、群馬県高崎市「コンパル」、神奈川県藤沢市「喫茶ジュリアン」、千葉県柏市「コーヒープラザ壹番館」、東京都世田谷区「喫茶宝石箱」、岐阜県可児市「ミロ」、愛知県名古屋市「珈琲処カラス」、兵庫県姫路市「茶房 大陸」、広島県呉市「赤煉瓦」、長崎県長崎市「珈琲 冨士男」など、38件の純喫茶とそのクリームソーダが掲載されている。
純喫茶以外で提供されているクリームソーダの写真をまとめた「クリームソーダアルバム」、コラム「クリームソーダのシロップ」「駄菓子屋さんのソーダ水」も含め、クリームソーダの魅力が詰まった内容となっているようだ。


クリームソーダ 純喫茶めぐり

クリームソーダ 純喫茶めぐり

  • 作者: 難波 里奈
  • 出版社/メーカー: グラフィック社
  • 発売日: 2018/08/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(56) 
共通テーマ:

品川区にて 河津桜(かわづざくら) [日記・雑感]

大井町付近で打ち合わせがあり、帰り道で「河津桜」が咲いているのを見かけました。
CIMG6928-3_1.jpg
河津桜(かわづざくら)は、静岡県河津町に多く自生する早咲きの桜だそうです。
既に八分ぐらいは咲いていたでしょうか。
今年も春の訪れが感じられる時節となりました。


俳句を置かせて頂きます。

生涯を恋にかけたる桜かな 鈴木真砂女



角川俳句大歳時記「春」

角川俳句大歳時記「春」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/12/30
  • メディア: 単行本



nice!(59) 
共通テーマ:日記・雑感

品川区 勝島運河にて 大鷭(おおばん) [日記・雑感]

先日、勝島運河を訪れた時に撮影した水鳥です。
RIMG4205_1.JPG
左側はオオバン、右側はホシハジロかと思われます。
オオバンは、獲物を探して泳ぎ回るホシハジロの後にぴったりと付いて泳いでいました。
RIMG4199_1.JPG
ホシハジロの獲物を横取りしようとしていたのかと思いきや、自分で獲物を捕まえたようです。


俳句を置かせて頂きます。

鷭の子の親の水輪に溺れさう 藤木倶子



角川俳句大歳時記「夏」

角川俳句大歳時記「夏」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/05/31
  • メディア: 単行本


nice!(58) 
共通テーマ:日記・雑感

大田区 梅屋敷にて 冬至(とうじ) [日記・雑感]

梅屋敷のお客様宅を訪問した帰り、近くにある聖跡蒲田梅屋敷公園に立ち寄りました。
今年も様々な梅の花を見ることができました。
RIMG4212-2_1.jpg
こちらは「冬至(とうじ)」という種類だそうです。
歳時記によりますと、冬至の頃から咲き始める一重咲きの白花種、あるいは八重咲きで薄紅色の梅の花は「冬至梅」という季語で俳句に詠まれるということです。


俳句を置かせて頂きます。

朝日より夕日こまやか冬至梅 野澤節子



角川俳句大歳時記「冬」

角川俳句大歳時記「冬」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/09/30
  • メディア: 単行本


nice!(65) 
共通テーマ:日記・雑感

品川区 勝島運河にて 菜の花(なのはな) [日記・雑感]

先日、立会川方面での打ち合わせの帰りに勝島運河で撮影した菜の花です。
RIMG4177-2_1.jpg
運河の防潮堤に設けられた花壇に、たくさんの菜の花が植えられておりました。
RIMG4182-2_1.jpg
運河を訪れた人々は足を止め、菜の花が咲き続いている景色を楽しんでいるようでした。


俳句を置かせて頂きます。

菜の花のここらも盛りすぎし旅 高野素十



角川俳句大歳時記「春」

角川俳句大歳時記「春」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/12/30
  • メディア: 単行本


nice!(61) 
共通テーマ:日記・雑感

品川区にて 白梅(はくばい) [日記・雑感]

先日、大井町での打ち合わせの帰りに見かけた梅の木です。
RIMG4170-2_1.jpg
梅(うめ)はバラ科サクラ属ウメ亜属の落葉樹で、花は桜よりもやや小ぶりで香りが高く、他の春の花にさきがけて咲くところから、古くは「花の兄(はなのえ)」とも呼ばれていたそうです。
俳句に見られる「梅」は白い花びらの白梅を指すことが多いということです。


俳句を置かせて頂きます。

白梅に憂ひをわかつ起居かな 小沢碧童



角川俳句大歳時記「春」

角川俳句大歳時記「春」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/12/30
  • メディア: 単行本


nice!(64) 
共通テーマ:日記・雑感

「子どもと木であそぶ」岩谷美苗 [本]

「子どもと木であそぶ」

著者:岩谷美苗
発行:東京書籍

岩谷美苗(いわたにみなえ)
1967年島根県生まれ。
東京学芸大学卒業後、森林インストラクター第一期の試験に合格し、女性初の森林インストラクターとなる。
1998年、樹木医に。
2000年、「NPO法人樹木生態研究会」を設立。
現在、「街の木らぼ」代表。
「木で笑いが取れたら幸せ」をモットーに、講演・出張授業等を多数おこなう。

著者によると、アオダモやトチノキなどの樹液には蛍光物質が含まれており、木の枝を水に挿してUVライトを当てると、枝から青く蛍光する液体が水に溶け出るという。樹液の成分が何かははっきりとはわかっていないが、カフェー酸の変化したものではないかといわれるとのことである。

本書は、森林インストラクター・樹木医である著者が、木を使って遊ぶさまざまな方法を紹介する書き物である。
「タイムラグで読める字書き葉」「カツラの芳香剤」「イボタロウで敷居ぬり」「ムクロジの洗濯あそび」「あまづら作り」「自然が作った葉脈標本」「葉拓でエコバッグ」「キンモクセイのシロップ」「トチ餅」など46の方法が、あそび・実験・観察・クラフト・食に分類されて掲載されている。
木とあそぶためのこころえ、道具、服装といった準備すべきことが丁寧に説明されており、自然観察に慣れていない人でも取り組みやすい解説となっているかと思う。
また、「キャンプ場でやろう―いろいろな着火剤」「味はコーヒーよりお茶っぽい?―昔のコーヒー代用品」などのコラムも興味深い。


子どもと木であそぶ

子どもと木であそぶ

  • 作者: 岩谷 美苗
  • 出版社/メーカー: 東京書籍
  • 発売日: 2018/07/23
  • メディア: 単行本



nice!(61) 
共通テーマ:

品川区にて 馬酔木(あせび) [日記・雑感]

西大井方面での打ち合わせの帰り、馬酔木(あせび)の木を見かけました。
CIMG6921-2_1.jpg
馬酔木(あせび、別名 あしび・あせぼ)はツツジ科の常緑低木で、葉や茎に毒成分(アセボトキシン)を含み、牛馬が食べると酔ったようになるので「馬酔木」と書くのだそうです。
三、四月頃に、枝先に多数の白い壺型の小さな花が咲くということです。
今回見かけた馬酔木(あせび)の木には、赤い花芽と思われるものがたくさんありました。


俳句を置かせて頂きます。

花あしび朝の薬に命継ぐ 角川源義



角川俳句大歳時記「春」

角川俳句大歳時記「春」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/12/30
  • メディア: 単行本


nice!(65) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -