So-net無料ブログ作成
<ご連絡>
仕事や私事が重なり、しばらくの間、不定期の更新とさせて頂きます。
何卒宜しく御願い申し上げます。

品川区 大井町にて 薄(すすき) [日記・雑感]

大井町での打ち合わせの帰り、立ち寄った公園でススキを見かけました。
CIMG5910-2_1.jpg
「薄・芒(すすき)」はイネ科の多年草で、屋根を葺くのに使用したため「カヤ」ともいい、秋に黄褐色か紫褐色の花穂(かほ)を出し、花穂が開くと真っ白な獣の尾を思わせるような形となることから「尾花(おばな)」とも呼ばれるそうです。
花穂の長さは15~40センチで、十寸(30センチ)あるものは「十寸穂の芒(ますほのすすき)」といわれるということです。


俳句を置かせて頂きます。

杣人に夕日なほある芒かな 原石鼎



合本俳句歳時記 第四版

合本俳句歳時記 第四版

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川学芸出版
  • 発売日: 2008/06/28
  • メディア: 単行本


nice!(71) 
共通テーマ:日記・雑感

「鳴く虫ハンドブック コオロギ・キリギリスの仲間」奥山風太郎 [本]

「鳴く虫ハンドブック コオロギ・キリギリスの仲間」

著者:奥山風太郎
発行:文一総合出版

奥山風太郎(おくやまふうたろう)氏の作品
10代前半より生き物にまつわる仕事に従事。
世界各地で野生生物の姿を調査し、雑誌等で紹介してきた。
鳴く虫は正体不明な幼虫の羽化する瞬間が好き。

本書は、音を発する虫のうち、コオロギやキリギリスの仲間を「鳴く虫」として紹介したハンドブックである。
「コオロギやキリギリスの仲間」とは、分類学上は、バッタ目(直翅目)コオロギ亜目のコオロギ上科に近縁なグループとキリギリス上科に属する種を指すようである。
北海道から沖縄の離島まで日本各地の「鳴く虫」の生きた個体の写真を中心に、科名、和名・学名、倍率、原寸のシルエット、生息地のイメージ(イラスト)などが掲載されている。
分布マップや生息場所、鳴き声の聞こえ方、ライフサイクルなど、著者の観察経験と記録に基づいた豊富な情報が添えられており、ヒガシキリギリス、クサキリ、ハタケノウマオイ、セスジツユムシ、カワラエンマコオロギ、ハラオカメコオロギ、クマスズムシ、アオマツムシ、カンタン、クサヒバリ、シバスズ、イソカネタタキなど、72種類(種名索引を数えたところ)が紹介されている。
「鳴く虫を楽しむ 虫籠編」「たまごの話」「都会で一番多い鳴く虫?」などの書き物も興味深い。


鳴く虫ハンドブック—コオロギ・キリギリスの仲間

鳴く虫ハンドブック—コオロギ・キリギリスの仲間

  • 作者: 奥山 風太郎
  • 出版社/メーカー: 文一総合出版
  • 発売日: 2016/08/08
  • メディア: 新書


nice!(69) 
共通テーマ:

千代田区 皇居東御苑にて 女郎花(おみなえし) [日記・雑感]

先月、皇居東御苑で「オミナエシ」の花が咲いているのを見ました。
CIMG5823_1.JPG
「女郎花(おみなえし)」はオミナエシ科の多年草で、日当たりの良い山野に生え、8月~10月、茎の上部で枝分れした先に多数の黄色い小花が開くということです。
古くから詩歌に登場し、秋の七草の一つに数えられていますが、名前の由来は「女飯(おみなめし)」「女(おみな)なるべし」など、諸説あるそうです。


俳句を置かせて頂きます。

一様に風来る中の女郎花 高野素十



角川俳句大歳時記「秋」

角川俳句大歳時記「秋」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/07/31
  • メディア: 単行本


nice!(74) 
共通テーマ:日記・雑感

千代田区 皇居東御苑にて 鬼百合(おにゆり) [日記・雑感]

先月、皇居東御苑を訪れた時に見かけたオニユリの花です。
CIMG5870-2_1.jpg
「鬼百合(おにゆり)」は、山百合(やまゆり)と同じくユリ科の多年草で、人里の野原や田の畦に生え、種子ができないことから古い時代に渡来したと考えられているそうです。
花は朱色で強く反り返り、内側に濃色の斑点があるのが特徴で、鱗茎(りんけい)は「百合根」と呼ばれて食用にされるということです。
CIMG5872-2_1.jpg
アゲハチョウがやってきて留まり、蜜を求めているようでした。


俳句を置かせて頂きます。

百合咲くや海よりすぐに山そびえ 鈴木真砂女



合本俳句歳時記 第四版

合本俳句歳時記 第四版

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川学芸出版
  • 発売日: 2008/06/28
  • メディア: 単行本

里山の植物ハンドブック―身近な野草と樹木

里山の植物ハンドブック―身近な野草と樹木

  • 監修: 多田多恵子
  • 写真: 平野 隆久
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2009/02
  • メディア: 単行本


nice!(67) 
共通テーマ:日記・雑感

千代田区 皇居東御苑にて 梨(なし) [日記・雑感]

先日の皇居東御苑の「果樹古品種園」で、「ロクガツナシ」という日本梨の木に数多く実が生っているのを見ました。
CIMG5901_1.JPG
「梨(なし)」はバラ科の落葉高木で、『日本書紀』にも記載があり、甘く豊かな果汁で、古くから日本の秋果(しゅうか)の代表として親しまれてきたようです。
斑点のある黄褐色の果皮を持つ赤梨と、緑色の果皮の青梨に分類され、以前は赤梨の長十郎、青梨の二十世紀が代表的な品種でしたが、近年はよりみずみずしく甘みの強い幸水・豊水が多く出回るようになったということです。
また、高い香気と柔らかく濃厚な味の果肉を持つ洋梨も、盛んに栽培されるようになってきたそうです。


俳句を置かせて頂きます。

梨の葉に鼠の渡るそよぎかな 斯波園女



角川俳句大歳時記「秋」

角川俳句大歳時記「秋」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/07/31
  • メディア: 単行本


nice!(74) 
共通テーマ:日記・雑感

千代田区 皇居東御苑にて 令法(りょうぶ) [日記・雑感]

先日の皇居東御苑で、「リョウブ」の花が咲き始めているのを見かけました。
CIMG5908-2_1.jpg
「令法(りょうぶ)」はリョウブ科の落葉小高木で、日当たりの良い地などによく群生するそうです。
春に若芽を積み、天ぷらや和え物にしたり、煮しめて細かく刻み、煮汁で炊いた「令法飯(りょうぶめし)」にする食べ方があるということです。
夏に小さな花が集まった円錐状の白い花をつけますが、古くは、幾千の白旗が積もるように白い花が群れ咲く姿から「はたつもり」と呼ばれていたそうです。


角川俳句大歳時記「春」

角川俳句大歳時記「春」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/12/30
  • メディア: 単行本


nice!(72) 
共通テーマ:日記・雑感

千代田区 皇居東御苑にて 玫瑰の実(はまなすのみ) [日記・雑感]

先日、皇居東御苑を訪れたときに「バラ園」を見てみると、ハマナスの実が色づいていました。
CIMG5892-2_1.jpg
ハマナスの実は7月から10月に赤く熟し、先端には萼片(がくへん)が残るのが特徴のようです。
多肉でビタミンが多く甘酸っぱい味で、生のまま食べたり、ジャムにしたりするということです。

歳時記によると、「玫瑰(はまなす)」は夏の季語、「玫瑰の実(はまなすのみ)」は秋の季語だそうです。


角川俳句大歳時記「秋」

角川俳句大歳時記「秋」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/07/31
  • メディア: 単行本


nice!(76) 
共通テーマ:日記・雑感

千代田区 皇居東御苑にて 金柑の花(きんかんのはな) [日記・雑感]

先日訪れた皇居東御苑で、キンカンの花が咲いているのを見かけました。
CIMG5884-2_1.jpg
「金柑(きんかん)」は中国原産のミカン科の常緑低木で、小さな白い五弁の花は7月と9、10月頃の2、3回咲くようです。
歳時記によると「金柑の花」は夏の季語とされているそうです。


角川俳句大歳時記「夏」

角川俳句大歳時記「夏」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/05/31
  • メディア: 単行本


nice!(68) 
共通テーマ:日記・雑感

千代田区 皇居東御苑にて 山百合(やまゆり) [日記・雑感]

先日訪れた皇居東御苑の「二の丸雑木林」では、ヤマユリの花が咲き始めているのを見ることができました。
CIMG5864-2_1.jpg
「山百合(やまゆり)」はユリ科の多年草で、『古事記』や『万葉集』にも登場する日本固有のユリだそうです。
白い大輪の花は香りが強いのが特徴で、その華麗な姿に魅了されたヨーロッパの人々により「オリエンタルハイブリッド」という園芸種群が生み出されたということです。


俳句を置かせていただきます。

起ち上る風の百合あり草の中 松本たかし



合本俳句歳時記 第四版

合本俳句歳時記 第四版

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川学芸出版
  • 発売日: 2008/06/28
  • メディア: 単行本

里山の植物ハンドブック―身近な野草と樹木

里山の植物ハンドブック―身近な野草と樹木

  • 監修: 多田多恵子
  • 写真: 平野 隆久
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2009/02
  • メディア: 単行本


nice!(78) 
共通テーマ:日記・雑感

「さばかない・おろさない! 魚のおかず90」ベターホーム協会 [本]

「さばかない・おろさない! 魚のおかず90」

編集:ベターホーム協会
発行:ベターホーム協会

本書は、魚を捌かず、スーパーなどで売られている切り身や刺身、缶詰、シーフード(エビ、タコなど)などを使い、それらと取り合わせのよい食材による豊富なレシピが紹介された書き物である。
料理に使われるのは、生さけ、ブリ、サバ、白身魚の切り身や、まぐろ、サーモンなどの刺身、さんまの蒲焼、オイルサーディン、さけ缶など。
レシピは和食・洋食・中華・エスニックなど種類が豊富で、魚を捌かずにすぐ調理できるため、調理時間もあまり掛からないものが多いようだ。
切り身1切れで2人分作れる、といった節約レシピも掲載されている。
さけのパセリパン粉焼き、さけのトマト煮、スープで食べるぶりソテー、ぶりのコチュジャン炒め、さばの甘酢炒め、さばのカレー揚げ、さわらのジョン、たらとじゃがいもの卵とじ、まぐろの生春巻き、かつおのからし酢みそ、えびのざぶとんぎょうざ、たことじゃがいものガーリック炒め、シーフードのスピード八宝菜、さんま缶の混ぜずし、オイルサーディンのエスニック蒸しなどが紹介されている。
切り身や刺身などの材料が余った際の保存方法の話や、「魚のおかずのかんたんつけあわせ」、「粕漬けや西京漬けを上手に焼こう!」などのコラムも興味深い。


さばかない・おろさない! 魚のおかず90

さばかない・おろさない! 魚のおかず90

  • 編集: ベターホーム協会
  • 出版社/メーカー: ベターホーム協会
  • 発売日: 2017/03/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(78) 
共通テーマ: