So-net無料ブログ作成
検索選択
<ご連絡>
仕事や私事が重なり、しばらくの間、不定期の更新とさせて頂きます。
何卒宜しく御願い申し上げます。

大田区 京急蒲田駅付近 呑川の桜2017・河鵜(かわう) [日記・雑感]

一週間前になりますが、4月12日の夕方、京急蒲田駅付近での打ち合わせの帰りに呑川(のみがわ)の桜を見に行きました。
RIMG3791-2_1.jpg
写真を撮られている方がちらほらと見られました。
RIMG3785-2_1.jpg
河鵜(かわう)と思われる鳥が、羽を乾かすためか、翼を広げて留まっていました。
RIMG3797-2_1.jpg
歳時記によると、「鵜(う)」は、鵜飼との関わりや営巣期が初夏であることから夏の季語とされているそうです。


俳句を置かせて頂きます。

昼は渚をひたすら歩み鵜と会いぬ 金子兜太



角川俳句大歳時記「夏」

角川俳句大歳時記「夏」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/05/31
  • メディア: 単行本


nice!(76) 
共通テーマ:日記・雑感

目黒川の桜2017 その4 花の塵(はなのちり) [日記・雑感]

昨日(4月14日)、目黒川沿いを歩いたときの桜の様子です。
CIMG5590-2_1.jpg
桜の花弁(はなびら)はかなり落ち、葉芽が開きはじめていました。
CIMG5592-2_1.jpg
川面に散り落ちた花弁と開き始めた葉芽、遅れて咲いた花を一緒に楽しめるようです。
CIMG5613-2_1_1.jpg
散った花弁が敷き詰められている様子を眺めている方もいらっしゃいました。


俳句を置かせて頂きます。

年々や桜をこやす花の塵 松尾芭蕉



角川俳句大歳時記「春」

角川俳句大歳時記「春」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/12/30
  • メディア: 単行本


nice!(69) 
共通テーマ:日記・雑感

目黒川の桜2017 その3 [日記・雑感]

4月6日に目黒川を訪れた時の桜の様子です。
CIMG5426-2_1.jpg
桜の花はほぼ満開のようで、散り始めた花びらが川面に見られました。
CIMG5443-2_1.jpg
開いた花々の奥では、葉の芽と思われるものが伸びつつあるようです。
CIMG5447_1.JPG
たくさんの人が目黒川沿いの華やかな景色を楽しんでいるようでした。


俳句を置かせて頂きます。

さまざまの事思ひ出す桜かな 松尾芭蕉



角川俳句大歳時記「春」

角川俳句大歳時記「春」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/12/30
  • メディア: 単行本



nice!(80) 
共通テーマ:日記・雑感

品川区にて 辛夷(こぶし) [日記・雑感]

先日、打ち合わせの帰り道で見かけた「こぶし」の花です。
RIMG3717-2_1.jpg
「辛夷(こぶし)」はモクレン科の落葉高木で、蕾(つぼみ)が拳に似ているため、その名が付けられたといわれているということです。
地方によっては田打ち作業に合わせて咲くことから「田打桜(たうちざくら)」と呼び、花の根元につく葉のふくらみが筆に似ていることから「木筆」とも書くのだそうです。


俳句を置かせて頂きます。

一弁の疵つき開く辛夷かな 高野素十



角川俳句大歳時記「春」

角川俳句大歳時記「春」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/12/30
  • メディア: 単行本


nice!(75) 
共通テーマ:日記・雑感

目黒川の桜2017 その2 [日記・雑感]

昨日(3月31日)に目黒川を訪れたところ、桜の開花がだいぶ進んでいました。
CIMG5345-2_1.jpg
一つの花芽から数本の柄が伸び、いくつかは花が開いています。
CIMG5350-2_1.jpg
同じ枝でも開花の進み具合は違うように見えます。
CIMG5362-2_1.jpg
川沿いの道を散策し、桜を眺める人もかなり増えてきました。


俳句を置かせて頂きます。

みな袖を胸にかさねし花見かな 中村草田男



角川俳句大歳時記「春」

角川俳句大歳時記「春」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/12/30
  • メディア: 単行本


nice!(83) 
共通テーマ:日記・雑感

目黒川の桜2017 初花 [日記・雑感]

3月24日に目黒川を訪れた時の桜の様子です。
CIMG5272-2_1.jpg
まだ花は咲き始めていないようですが、もう少しでつぼみが開きそうな枝も見られました。
CIMG5278-2_1.jpg
提灯が吊るし終わり、あとは開花を待つばかり、といった様子です。
CIMG5271-2_2.jpg


俳句を置かせて頂きます。

初花の水にうつろふほどもなき 日野草城



現代俳句歳時記 春 (ハルキ文庫)

現代俳句歳時記 春 (ハルキ文庫)

  • 編者: 角川春樹
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 1997/04
  • メディア: 文庫


nice!(86) 
共通テーマ:日記・雑感

目黒川の桜2017 桜の花芽 その2 [日記・雑感]

目黒川の桜は、花芽が徐々に膨らんできているようです。
CIMG5222_1.JPG
この枝では、つぼみの形になり始めた芽の様子を見ることができました。
CIMG5229-2_1.jpg
今年もお祭りの準備が始まり、提灯などを吊るす電線がととのえられていました。
CIMG5233-2_1.jpg


俳句を置かせて頂きます。

大木の芽ぶかんとするしづかなり 長谷川素逝



現代俳句歳時記 春 (ハルキ文庫)

現代俳句歳時記 春 (ハルキ文庫)

  • 編者: 角川春樹
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 1997/04
  • メディア: 文庫


nice!(81) 
共通テーマ:日記・雑感

目黒川の桜2017 桜の花芽 [日記・雑感]

お客様宅での打ち合わせの帰り、目黒川の川沿いを歩いてみました。
CIMG5192-2_1.jpg
木の芽の様子を見ますと、枝によっては、花芽が膨らみ始めているようです。
CIMG5199-2_1.jpg
今年も春の訪れが感じられる時節となりました。桜の木々の変化を楽しみたいと思います。


俳句を置かせて頂きます。

木々の芽のしづかなるかな蒼空(そら)の青 富沢赤黄男



角川俳句大歳時記「春」

角川俳句大歳時記「春」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/12/30
  • メディア: 単行本


nice!(87) 
共通テーマ:日記・雑感

千代田区 皇居東御苑にて 福寿草(ふくじゅそう) [日記・雑感]

先日、皇居東御苑を訪れた時、フクジュソウの花が咲き始めているのを見かけました。
CIMG5164_1.JPG
「福寿草(ふくじゅそう)」はキンポウゲ科の多年草で、自生しているものは2月から3月頃に開花します。
新年の季語であり、「元日草(がんじつそう)」とも呼ばれるそうです。


俳句を置かせて頂きます。

日の障子太鼓の如し福寿草 松本たかし



合本俳句歳時記 第四版

合本俳句歳時記 第四版

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川学芸出版
  • 発売日: 2008/06/28
  • メディア: 単行本


nice!(94) 
共通テーマ:日記・雑感

千代田区 皇居東御苑にて 黄心樹の花(おがたまのはな) [日記・雑感]

東京駅付近での打ち合わせの帰りに、再び皇居東御苑に立ち寄りました。
こちらは「オガタマ」の木に咲いていた花です。
CIMG5128_1.JPG
「黄心樹(おがたま、小賀玉)」は、日本南西部の暖地に自生するモクレン科の常緑高木で、コブシに似た、白色で底の方が紫色を帯びた小花を咲かせ、球果状の実を付けるということです。
神霊を招祷奉(おきたてまつ)るという意から「おきたま」といわれ、これが転訛して「おがたま」になったという説や、玉のように実を結ぶことから「おがたま」と言われるという説があるそうです。


俳句を置かせて頂きます。

をがたまの花散るころと君に告ぐ 高木晴子



角川俳句大歳時記「春」

角川俳句大歳時記「春」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/12/30
  • メディア: 単行本


nice!(86) 
共通テーマ:日記・雑感