So-net無料ブログ作成
<ご連絡>
仕事や私事が重なり、しばらくの間、不定期の更新とさせて頂きます。
何卒宜しく御願い申し上げます。

「江戸に水がやってきた―玉川兄弟ものがたり」小沢長治/田中良 [本]

「江戸に水がやってきた―玉川兄弟ものがたり」

作:小沢長治
絵:田中良
発行:岩崎書店

小沢長治(おざわながはる)
1934年生まれ。立川市図書館長、日本児童文学者協会会員。
編・著書に『立川のむかし話』(立川市教育委員会)、『東京の伝説』(日本標準)、『この悲しみをくりかえさない―立川空襲の記録』(けやき出版)などがある。

田中良(たなかりょう)
1923年、茨城県に生まれる。
東京学芸大学美術家に学ぶ。
元教員、二科会会員、評議員。
主な作品に『えほん風土記・いばらきけん』(岩崎書店)など。

玉川上水は、江戸時代初期から約300年の間、江戸、東京の市民に飲み水を供給してきたという。
玉川上水の開削事業をなしとげたことで知られる玉川兄弟は、兄を庄右衛門、弟を清右衛門といい、上水道の完成後に幕府より「玉川」の姓を受け、侍に取り立てられたのだそうだ。
兄弟について残されている資料は少なく、出身地や職業など定説はないようである。

本書は、玉川兄弟の兄、庄右衛門の子供「正吉」が、お父(庄右衛門)と清おじ(清右衛門)の上水開削事業に取り組む様子を語る形で綴られた絵本である。
1653年(承応二年)4月4日に始まった開削工事は、兄弟が集めた江戸の職人や人足、近くの村々の百姓などの多くの人が携わり、昼夜を問わず行われたという。
幕府からは工事代金として六千両が与えられていたが、途中で使い切ってしまったため、兄弟は自分の家や土地を売るなどして資金を作り、工事を継続した結果、同年11月15日には羽村取水口から四谷大木戸まで十里三十町(約43キロメートル)の堀割が完成したそうだ。
江戸に水道を引いた人々の苦労や、堀割に水が流れて来た時の喜びが伝わってくる物語である。


江戸に水がやってきた―玉川兄弟ものがたり (1982年) (絵本ノンフィクション)

江戸に水がやってきた―玉川兄弟ものがたり (1982年) (絵本ノンフィクション)

  • 作者: 小沢 長治
  • 出版社/メーカー: 岩崎書店
  • 発売日: 1982/08
  • メディア: -



nice!(73) 
共通テーマ:

「全国棚田ガイド TANADAS」NPO法人 棚田ネットワーク [本]

「全国棚田ガイド TANADAS」

編者:NPO法人 棚田ネットワーク
監修:中島峰広
発行:家の光協会

NPO法人 棚田ネットワーク
1995年12月に「棚田支援市民ネットワーク」として発足。
2002年4月に「棚田ネットワーク」と改称。
同年8月にNPO法人、2016年10月に認定NPO法人となる。
主に棚田地域と都市住民を繋いだり、棚田地域同士の交流をサポートする中間支援組織。

監修:中島峰広氏
早稲田大学名誉教授。学術博士。
1933年宮崎県生まれ。
早稲田大学教育学部地歴科卒。
開成学園教諭を経て2004年まで早稲田大学教育学部教授。
畑地灌漑、棚田関連の論文および棚田関係の著書多数。
日本における棚田研究の第一人者。
発足以来現在まで棚田ネットワークの代表を務める。
「日本の棚田百選」選定委員。
棚田学会副会長、会長を歴任、現在顧問。
全国棚田(千枚田)連絡協議会理事、同協議会棚田サミット開催地選定委員会委員長。

「棚田」とは、本書によると、山の斜面や谷間の傾斜地に階段状に造られた水田で、畦の重なる形が棚に似ているところから「棚田」と呼ばれるようになったという。
日本にある約250万haの水田のうち約22万ha(8%)が棚田だといわれ、その特性は地域により様々なようである。
本書は、1999年に農林水産省によって選定された「日本の棚田百選」の134ヵ所のほか、「景観が優れている」「保全活動が盛ん」「希少性がある」などの理由で選ばれた、全国の魅力ある棚田が紹介されたガイドブックである。

全景などのカラー写真をはじめ、紹介・解説、アクセス情報、基本情報などが掲載されている。
東北地方の四ヶ村(山形県大蔵村)、中沢(山形県村山市)、沢尻(宮城県丸森町)、関東地方の大山千枚田(千葉県鴨川市)、寺坂(埼玉県横瀬町)、信越・北陸地方の中谷郷(長野県小谷村)、長坂(富山県永見市)、東海地方の久留女木(静岡県浜松市)、深野のだんだん田(三重県松坂市)、近畿地方の蘭島(和歌山県有田川町)、岩座神(兵庫県多可町)、中国地方の山王寺(島根県雲南市)、田土(岡山県和気町)、四国地方の樫原(徳島県上勝町)、蔵川(愛媛県大洲市)、九州地方の蕨野(佐賀県唐津市)、番所(熊本県山鹿市)など、212カ所が紹介されている。
「棚田のはなし」「棚田のカタログ」などのコラムも興味深い。


全国棚田ガイド TANADAS

全国棚田ガイド TANADAS

  • 編者: NPO法人 棚田ネットワーク
  • 出版社/メーカー: 家の光協会
  • 発売日: 2017/09/26
  • メディア: 単行本



nice!(75) 
共通テーマ:

「東京暗渠学」本田創 [本]

「東京暗渠学」

著者:本田創
発行:洋泉社

本田創氏の作品。
暗渠者。
1972年東京都生まれ。
小学生のころ、50年代の東京区分地図で川探索に目覚め、谷田川から暗渠の道にハマる。
1997年より東京の暗渠や水路、湧水などの探索の成果をウェブサイトにて公開。
編著に『地形を楽しむ東京「暗渠」散歩』(洋泉社)。
ほか『東京ディープツアー』(毎日新聞社)、雑誌『東京人』などに寄稿。

「暗渠(あんきょ)」とは、蓋をされた河川や地中に埋没した水路のことで、元は地上に露出していた川や水路に蓋を掛けたものであったり、元からあった水路を埋め立てて新たに作り直したものなど、「水路」として機能しているものを指すようだ。

本書は、「かつて川や用水路、溝渠(こうきょ)が流れていた空間」でかつ「現在でもその流路がなんらかのかたちで確認できるもの」を広義の暗渠として、地上から見た川や水路の痕跡をたどり、東京の地形や失われた水系などが解説された書き物である。
Ⅰ章では、鮫川~桜川(新宿区)、三田用水とそこからの分水路(目黒区・渋谷区)石神井用水(板橋区・北区・荒川区)などの東京の暗渠空間が紹介されている。
Ⅱ章では、失われた川の成り立ちや、暗渠として残るルートの成り立ちから消滅までの「東京の暗渠史」を解説し、神田堀(竜閑川)・浜町川と神田大下水(藍染川)(千代田区・中央区)、矢沢川(世田谷区)、古戸越川(品川区)などが取り上げられている。
Ⅲ章では、川の痕跡をたどる手がかりとして、地形や地名、区界や町界、川が流れていたころの遺構、暗渠特有の構造物や環境、川や水に関連する事物や景観を挙げ、和泉川(神田川支流)(新宿区・渋谷区・杉並区)、練馬の谷戸の暗渠群などから、川の記憶、土地の歴史を振り返る。

著者制作の暗渠・河川ルートを表示した地図や、実地写真が豊富に掲載されており、興味深い内容となっているかと思う。


東京暗渠学

東京暗渠学

  • 作者: 本田 創
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2017/08/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(74) 
共通テーマ:

「日本昭和珍スポット大全」金原みわ [本]

「日本昭和珍スポット大全」

著者:金原みわ
発行:辰巳出版

金原みわ氏の作品。
「珍スポトラベラー」という肩書きのもと、日本各地の珍妙な場所を巡りレポートを行っているフリーライター。
紙媒体、WEB媒体の執筆やイベント出演など、多岐にわたり精力的に活動している。
著書に『さいはて紀行』(シカク出版)がある。
また、『金原みわの珍人類白書』(ラジオ関西)にレギュラー出演中。

本書は、著者が珍しいと感じる、昭和に誕生した場所を集約した書き物である。
全国各地の遊園地、博物館、温泉、旅館、遊戯施設、商店や飲食店、映画館、雑居ビルなどが「テーマパーク」「観光地」「喫茶・食堂」「宿・温泉」「歓楽街」のカテゴリーに分類されて掲載されている。
恵那峡ワンダーランド、東筑波ユートピア、ハニベ巌窟院、足摺海底館、竜ヶ岩洞、甘味処どんぐり、みさき会館、珈琲駅ブルートレイン、マスターチ、皆生温泉/第三遊技場、リトルジャパン、趣里劇場など、多数の写真と簡潔な説明で紹介されている。

大阪・東京の2大都市での珍スポ探訪や、「フォトジェニックな珍像コレクション」「体験型珍スポット」「ドキドキパラダイス」などのコラム、「日本懐かし自販機大全」の著者である魚谷祐介氏と筆者との対談など、興味深い内容となっているかと思う。


日本昭和珍スポット大全 (タツミムック)

日本昭和珍スポット大全 (タツミムック)

  • 作者: 金原 みわ
  • 出版社/メーカー: 辰巳出版
  • 発売日: 2017/06/08
  • メディア: ムック


nice!(72) 
共通テーマ:

「ふくろうの本 図説 コーヒー」UCCコーヒー博物館 [本]

「ふくろうの本 図説 コーヒー」

著書:UCCコーヒー博物館
発行:河出書房新社

UCCコーヒー博物館
「コーヒーの素晴らしさを一人でも多くの人に伝えたい」という熱い想いで作られた、日本で唯一、世界にも数少ないコーヒー専門の博物館。
神戸市中央区のポートアイランドにある。

本書によると、コーヒーを飲んだことを初めて記した日本人は、長崎奉行所に赴任していた幕臣で狂歌師の大田南畝(蜀山人)であるとされているという。
随筆『瓊浦又綴』の中で「豆を黒く炒(い)りて粉にし,白糖を和したるものなり。焦げくさくして味ふるに堪ず」と書いているそうで、蜀山人はコーヒーがあまり好きではなかったことが伺える。
一方、出島オランダ商館の医師シーボルトの書いているところによると、コーヒーを好んで飲んだ日本人もいたようである。

本書は、コーヒーに関する起源・栽培・鑑定・焙煎・抽出・文化を、写真やイラスト、挿絵などを使用して解説された書き物である。
コーヒーが世界各国に広まっていくまでの過程や日本における飲用の歴史、農園におけるコーヒーノキの栽培、鑑定士による格付け、焙煎(ロースト)・ブレンド・グラインドの方法、コーヒーの抽出法や抽出器具の進化の歴史、コーヒーにまつわる文化などが説明されている。
また、美味しいコーヒーを淹れるためのコツや、UCCコーヒー博物館のコーヒーカップ収蔵コレクションなどの写真が掲載されている。


図説 コーヒー (ふくろうの本)

図説 コーヒー (ふくろうの本)

  • 作者: UCCコーヒー博物館
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2016/10/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(77) 
共通テーマ:

「あの雲なに? がひと目でわかる! 散歩の雲・空図鑑」岩槻秀明 [本]

「あの雲なに? がひと目でわかる! 散歩の雲・空図鑑」

著者:岩槻秀明
発行:新星出版社

岩槻秀明氏の作品。
1982年9月生まれ。
人間総合科学大学人間科学部卒業。
気象予報士。千葉県立関宿城博物館展示協力員。
自然科学系ライターとして、身近な自然に関する執筆活動を行っている。
宮城県気仙沼市出身
主な著書
『雲の図鑑』(KKベストセラーズ)
『散歩の樹木図鑑』『散歩の花図鑑』(新星出版社)
『気象予報士わぴちゃんのお天気観察図鑑』(いかだ社)など多数。

本書の著者は、自然のひとつである「空」を気軽な観察対象として捉え、空の色、雲の形や色、出現位置など、日々刻々と変化する空の表情を楽しんでおられるようである。

本書は、散歩の時に見ることができる雲や空の現象を、「雲の10のかたち」「さまざまな雲」「光が関係する現象」の三章に分けて紹介する書き物である。
巻雲、高層雲、層積雲、積乱雲、吊るし雲、山かつら、馬蹄雲、ホールパンチ雲、時雨雲、多重レンズ雲、ブルーモーメント、透明光線、光環、上端接弧、太陽柱など151種の雲や空の現象について、雲の名称、雲形図、雲の形・色・陰影・降水に関係するかどうか・関連する雲や光の現象・出現条件や学術上の種類、観天望気などが掲載されている。
雲や光の現象を写真からひける「写真もくじ」や、インデックス、索引があり、探しやすく工夫されている。
また、「雲のでき方」「十種雲形を知る」「雲の見分け方」など基礎解説や「巻雲よりも上空に出来る雲」「春の風物詩、黄砂」などのコラムがわかりやすくまとめられており、雲や空の観察に役立ちそうである。


あの雲なに? がひと目でわかる!  散歩の雲・空図鑑 (散歩の図鑑シリーズ)

あの雲なに? がひと目でわかる! 散歩の雲・空図鑑 (散歩の図鑑シリーズ)

  • 作者: 岩槻秀明
  • 出版社/メーカー: 新星出版社
  • 発売日: 2015/04/18
  • メディア: 新書


nice!(73) 
共通テーマ:

「ポケット版 雑草さんぽ手帖」亀田龍吉 [本]

「ポケット版 雑草さんぽ手帖」

写真・文:亀田龍吉
発行:世界文化社

亀田龍吉(かめだりゅうきち)氏の作品
自然写真家。
1953年千葉県館山市生まれ。
植物、昆虫、鳥をはじめ、人間をも含めたすべての自然の関わり合いをテーマに作品をつくり続けている。
科学と情操の接点でとらえる独自の映像は、自然写真の世界で再い評価を得ている。
主な著書に『葉っぱ博物館』『街路樹の散歩みち』(ともに山と渓谷社)、『花と葉で見わける野草』(小学館)、『野草のロゼットハンドブック』(文一総合出版)、『雑草の呼び名事典』『ここにいるよ』(ともに世界文化社)などがある。

本書は、身近に生きる「雑草」の写真を中心に、名前とその由来、生息地、特徴などが解説されたハンドブックである。
文庫本サイズであるため、散歩や通勤などの持ち歩きにも邪魔にならず、特徴なども簡潔に書かれており親しみ易い。
直接書き込みができるメモ欄もあり、観察の際の発見や場所などの記入にも役立ちそうである。
亜米利加風露、馬の足形、姫踊子草、荒地花笠、烏麦、竹似草、茜、秋の鰻掴み、風草など134種が紹介されており、春・夏・秋別に五十音順に掲載されている。
「さんぽで見つける帰化植物」、「食べられる雑草」などのコラムも興味深い。


俳句を置かせて頂く。

田平子や午後より川に人の出て 岡井省二



ポケット版 雑草さんぽ手帖

ポケット版 雑草さんぽ手帖

  • 作者: 亀田 龍吉
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2017/02/11
  • メディア: 単行本



nice!(74) 
共通テーマ:

「愛しの油揚げ おかずにつまみに簡単レシピ80」高橋良枝 [本]

「愛しの油揚げ おかずにつまみに簡単レシピ80」

著者:高橋良枝
発行:文藝春秋

高橋良枝(たかはしよしえ)氏の作品。
『日々』編集長。
1942年横浜生まれ。
編集者として多くの雑誌や書籍、PR誌の編集に携わる。
2005年、料理家・飛田和緒、カメラマン・公文美和、スタイリスト・久保百合子たちと、料理や器、旅などをテーマにしたリトルマガジン『日々』を立ち上げる。
著書に、創刊10周年を迎えた『日々』のとっておきレシピを集めた『「日々」のごちそう帖』(文藝春秋)、四季を通じてなつかしい昭和の味を届ける『昭和ごはん』(朝日新聞出版)がある。

本書は、焼く・煮る・巻く・詰めるなど油揚げの特徴を生かしたレシピが掲載された書き物である。
魚や肉、野菜、フルーツ、チーズ、缶詰など、取り合わせられた素材が油揚げに引き立てられていくようである。
油揚げの上に乗せられたモッツァレラとトマト、パルミジャーノと柿、梅かまぼこ、コンビーフの缶詰とレモン、焼いた油揚げに詰め込まれたポテトサラダや炒めひじき、ゆで砂肝のナンプラー和え、もやしの辛子和えなどの和え物、小松菜の煮浸し、卵袋、いなり寿司、きつねうどんなどの80のレシピが掲載されている。
油揚げの焼き方、切り方、開き方などの基本的な解説や、特徴のある各地方の油揚げの紹介、歴史やいわれなどのコラムなども興味深い。


愛しの油揚げ おかずにつまみに簡単レシピ80

愛しの油揚げ おかずにつまみに簡単レシピ80

  • 作者: 高橋 良枝
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/02/26
  • メディア: 単行本



nice!(75) 
共通テーマ:

「カラー版 東京凸凹地形散歩」今尾恵介 [本]

「カラー版 東京凸凹地形散歩」

著者:今尾恵介
発行:平凡社

今尾恵介氏の作品。
1959年神奈川県生まれ。
地図研究家。
日本地図センター客員研究員、地図情報センター評議員、日本地図学会「地図と地名」専門部会主査。
雑誌編集者を経て、91年よりフリー。
地図、地名、鉄道に関する著作多数。
近著に『日本地図のたのしみ』(ちくま文庫)、『地図マニア 空想の旅』(集英社インターナショナル)、『鉄道唱歌と地図でたどる あの駅この街』(朝日新聞出版)、『今尾恵介の地図読み練習帳100問』(平凡社)などがある。

関東平野の南部、荒川と多摩川に挟まれた地域に広がる台地は「武蔵野台地」と呼ばれるが、元は広大な扇状地で、約12.5万年前の最終間氷期に起きた海進によって内陸まで海が入り込み、海底に砂や泥を堆積した地層が形成されたという。
氷期の海岸線の後退で陸地化した地層が川に削られて階段状の地形となった地面は「面」といわれ、武蔵野台地は下末吉面、武蔵野面、立川面の三つに分かれているそうである。

本書は、東京の地形の痕跡を辿り、地形から東京の歴史をさぐる書き物である。
神楽坂・飯田橋、白金・高輪、本郷・御茶ノ水、砂町・東陽町、目白・落合、戸越銀座・大井町、自由が丘・等々力、など23のエリアが「都心・山の手編」「都心・下町編」「山の手・西北編」「武蔵野・郊外編」の4章に分けられて紹介されている。
鉄道や地名など地形以外の話題も盛り込まれた解説文や、エリア毎に掲載されている標高地形図で各エリアの地形の特性が把握しやすくなっている。この本が街歩きの楽しみを知るきっかけにもなるかと思う。


カラー版 東京凸凹地形散歩 (平凡社新書)

カラー版 東京凸凹地形散歩 (平凡社新書)

  • 作者: 今尾 恵介
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2017/04/17
  • メディア: 新書


nice!(70) 
共通テーマ:

「日本飛び出しくん図鑑」関将 [本]

「日本飛び出しくん図鑑」

著者:関将
発行:辰巳出版

関将(せきしょう)氏の作品。
ギタリスト、作曲家、プロデューサー
B'z稲葉浩志のソロアルバム「マグマ」やTWINZERに参加。
ロッカ★フランケンシュタインのギタリスト。
作曲家としては、大手プロダクションのアーティストなどへの楽曲提供や演劇ユニット☆宇宙食堂の舞台音楽を手掛ける。
また、インドネシアのジャカルタ、バリ島でも現地ロックアーティストや竹のガムラン・ジェゴクなどとのコラボレーション、プロデュースを行う。
現在、ソロギターでのJapanツアーを全国各地で展開中。

人間の形や、それに近い型で作られたものを道路に設置するようになったのは滋賀県東近江市が始まりとも言われ、現地では「飛び出し人形」と呼ばれているそうだ。
本書では、親愛の情を込めて「飛び出しくん」と呼んでいるという。

本書は、国内外で音楽活動をする著者が、2012年4月より始めたツアーで全国各地を車で移動する際に撮りためた、「飛び出しくん」や交通安全、注意喚起などの看板の写真を紹介する書き物である。
地方ごとに分類された飛び出しくんの他、著者が「2大聖地」と呼ぶ滋賀県の中山道・愛知川宿周辺と守山市須磨田町、有馬温泉の温泉街で見られる住民の顔を使った飛び出しくん、岩手県遠野のカッパ関連の標識スポットなど、様々な飛び出しくんが掲載されている。
発祥の地とも言われる、滋賀県東近江市の社会福祉協議会の担当者と筆者との対談や、筆者による「飛び出しくん おもしろ看板の探し方」など、楽しく読める内容になっているかと思う。


日本飛び出しくん図鑑 (タツミムック)

日本飛び出しくん図鑑 (タツミムック)

  • 作者: 関将
  • 出版社/メーカー: 辰巳出版
  • 発売日: 2016/12/17
  • メディア: ムック


nice!(76) 
共通テーマ: