So-net無料ブログ作成
<ご連絡>
仕事や私事が重なり、しばらくの間、不定期の更新とさせて頂きます。
何卒宜しく御願い申し上げます。

「野菜別 からだに効く 作りおき薬膳」武鈴子 [本]

「野菜別 からだに効く 作りおき薬膳」

監修:武鈴子
発行:家の光協会

武鈴子(たけりんこ)氏の監修
「東京薬膳研究所」代表。
食養研究家。
1970~85年まで柳澤成人病研究所に勤務し、成人病と食生活の研究・指導に従事。
「食は薬である」ことを実感し、食養の研究を始める。
1986年に中国四川省に渡り、薬膳師・孫蓉燦氏に師事、薬膳理論・料理技術を学ぶ。
帰国後は日中医薬研究会会長・渡辺武博士のもとで、東洋医学と日本の気候風土に合った薬膳理論を学ぶ。
現在は、独自の「和食薬膳」を提唱し、各地で薬膳教室や講演などを行う。
著書に『からだに効く 和の薬膳便利帳』(家の光協会)ほか多数。

本書によると、薬膳とは、中医学の理論に基づき、漢方の生薬やさまざまな食べ物の作用を利用して作る食事のことをいう、とある。
体を温める、冷やす、血や気をめぐらせるなど、食材の持つ特徴を料理に活かし、季節や体質、体調などに応じた食事を摂ることが、健康を保ち、疾病の予防や老化防止となるなど、人間にとって欠かせない養生であるようだ。

本書は、旬の野菜を使った「作りおき」のおかずに、食材や食べ合わせなど薬膳の考えを取り入れた料理が紹介されたレシピ集である。
季節毎の野菜に、食べ物の味わいを5種類に分類した「五味」と食物の性質を5段階に分けた「五性」、身体への効能やひと言メモが添えられ、保存の目安などが書かれた作り置きの利くレシピが紹介されている。
タケノコと手羽先の煮物、新タマネギの梅おかか和え、アスパラガスと貝柱の塩炒め、グリンピースのみそいり卵、ナスのからし漬け、ゴーヤーのつくだ煮、ジャガイモのゴマ酢和え、サツマイモのぬか煮、ヤマイモの肉ジャガ風煮、ニンジンの甘煮、ダイコンとサケの挟み漬け、ホウレンソウのナムル、シュンギクと牛肉のピリ辛炒め、カリフラワーのニンニクおかか炒めなど、取り合わせ豊かなレシピが掲載されている。


野菜別 からだに効く  作りおき薬膳

野菜別 からだに効く 作りおき薬膳

  • 作者: 武 鈴子
  • 出版社/メーカー: 家の光協会
  • 発売日: 2016/12/26
  • メディア: 単行本


nice!(46) 
共通テーマ:

「六輔 五・七・五」永六輔 [本]

「六輔 五・七・五」

著者:永六輔
発行:岩波書店

永六輔氏の作品。
1933年、東京浅草に生まれる。
本名、永孝雄。
早稲田大学文学部在学中より、ラジオ番組や始まったばかりのテレビ番組の構成に関わる。
放送作家、作詞家、司会者、語り手、歌手、ラジオパーソナリティなどとして、多方面に活躍。
『芸人たちの芸能史』(番町書房)、『わらいえて』(朝日新聞社)、『無名人名語録』(講談社)、『遠くへ行きたい』(文藝春秋)、『六・八・九の九』(中央公論社)、『もっとしっかり、日本人』(日本放送出版協会)、『大往生』『二度目の大往生』『職人』『芸人』『商人(あきんど)』『夫と妻』『親と子』『嫁と姑』『伝言』(以上、岩波新書)など、著者多数。

本書は、作詞家・放送作家・ラジオパーソナリティなどあらゆる分野で活躍した永六輔氏の句集である。
小沢昭一、柳家小三治などが集まり昭和44年「東京やなぎ句会」を発足後、こつこつと作られた俳句が年代順に並べられている。
ちなみに俳号は、自宅住所にちなみ「並木橋」を名乗ったようだ。
本書にあるエッセイによると、俳句を始め、言葉をけずることを始めたところ、本業である作詞家の仕事が出来なくなってしまい、作曲家の中村八大、いずみたくに作詞家をやめることを宣言したエピソードが綴られている。


煮凝をいれてみようと姫初め

おどろくないまわのきわの朝寝なり

浮草や四十半ばのストリッパー

栗飯は備前の茶碗に似あいけり

BSの遠い異国の秋出水


など、俳人としての奥行きを感じさせてくれる句が並ぶ。
東京やなぎ句会、話の特集句会の記録および『大往生』『親と子』(以上、岩波新書)、『妻の大往生』(中央公論新社)などをもとに、御家族が選んだ二千句余りが掲載されている。


六輔 五・七・五

六輔 五・七・五

  • 作者: 永 六輔
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2018/01/27
  • メディア: 単行本


nice!(58) 
共通テーマ:

「社員が本当におすすめする ノザキのコンビーフレシピ」川商フーズ株式会社 [本]

「社員が本当におすすめする ノザキのコンビーフレシピ」

監修:川商フーズ株式会社
発行:文芸社

コンビーフの缶詰の台形の特徴あるかたちは、缶の中の空気を抜いて肉の酸化を防ぎ、保存性を高めるためのものだという。
1875年(明治8年)4月6日、アメリカでコンビーフの台形の缶が特許登録されたことにより、4月6日は「コンビーフの日」に制定されたようだ。

本書はノザキのコンビーフを使用したレシピ集である。
そのまま食べてもおいしいコンビーフに様々な食材や調味料を加えることにより、コンビーフの魅力を更に引き出す料理が紹介されている。
コンビーフ卵かけごはん、コンビーフのユッケ風、コンビーフのトマト・ファルシ、コンビーフロールキャベツ、コンビーフ茶碗蒸し、コンビーフのタイ風春雨サラダ、コンビーフミートソースで豆腐のラザニア風、コンビーフ春巻き、コンビーフのペンネグラタン、コンビーフ団子味噌炒め、コンビーフの卵焼きなど、社員が考案した69のレシピが紹介されている。
また、浅草橋のフレンチレストラン「PATATI-PATATA(パタティパタタ)」の高田修平オーナーシェフによるシェフ直伝の4レシピも、シンプルな工程でコンビーフの特徴が生かされており、試してみたくなるレシピである。
コンビーフの製造工程、ノザキのコンビーフの歴史、コンビーフに合う調味料・食材の紹介、関係者や社員のコラムなども興味深い。


社員が本当におすすめする ノザキのコンビーフレシピ

社員が本当におすすめする ノザキのコンビーフレシピ

  • 作者: 監修:川商フーズ株式会社
  • 出版社/メーカー: 文芸社
  • 発売日: 2013/10/24
  • メディア: 新書


nice!(64) 
共通テーマ:

「捕まえて、食べる」玉置標本 [本]

「捕まえて、食べる」

著者:玉置標本
発行:新潮社

玉置標本(たまおき・ひょうほん)氏の作品。
1976年埼玉県生まれ。
大学時代を山形県で過ごし、東京のウェブ制作会社に勤めた後、30歳でフリーライターに転身。
現在は埼玉在住で二児の父。
趣味は釣りを中心とした食物採取全般で、週に一度はなにか天然物を捕って食べている。
2004年以来、ネット上にその様子を記してニッチな支持を集めている。
最近は製麺機を使った麺作りが趣味で、同人誌『趣味の製麺』を不定期刊行中。
※「玉置豊」から、この本の刊行を機に改名した。

本書は、フリーライターの著者が、自然の物を捕まえ食べた経験が綴られた書き物である。
著者によると、数ある経験から「初体験」であったものを厳選してまとめたとのことである。
「世界で二番目に臭い料理、ホンオフェをエイから作りたい」「干潟にてアナジャコを筆で釣って食べたい」「天麩羅の高級ネタ、ギンポを針金ハンガーで釣りたい」など10件の体験が掲載されている。
著者は、本やゲームの中だけでなく、現実の世界でも「伝説を頼りに宝物を探してみる、攻略法を考えて怪物をやっつける」冒険ができると述べており、食物を自分で採って食べることの楽しさを伝えようとされている。
「私の『捕まえて、食べる』流儀」「『捕まえて、食べる』ことの経済学」などのコラムも、興味深い内容となっているかと思う。


捕まえて、食べる

捕まえて、食べる

  • 作者: 玉置 標本
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/07/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(63) 
共通テーマ:

「カラー版 東京の森を歩く」福嶋司 [本]

「カラー版 東京の森を歩く」

著者:福嶋司
発行:講談社

福嶋司(ふくしまつかさ)氏の作品。
一九四七年、大分県生まれ。
広島大学大学院博士課程修了。
東京農工大学大学院教授、副学長を経て、現在、東京農工大学名誉教授。
理学博士。
専門は植生管理学。
主な著書に、『いつまでも残しておきたい日本の森』(リヨン社)、『森の不思議 森のしくみ』(家の光協会編)、『植生管理学』(編著)『図説日本の植生』(共編著)(以上、朝倉書店)などがある。

本書は、東京にある森について、低地の森、武蔵野台地東部・西部の森、武蔵野台地と奥多摩をつなぐ「丘陵地の森」、東京の山地・奥多摩の森、守り・育て・創られている森の章に分けて簡潔に解説された書き物である。
植物、歴史、文化、地質、地形などをふまえた、森の特徴が紹介されている。
徳川吉宗が象を飼っていたという「浜離宮の森」、関東大震災で二万人の命を守った「清澄庭園の森」、イチョウの精虫を発見した「小石川植物園の森」、樹木の見本園「林試の森公園の森」、都内有数のサクラの名所「小金井公園の森」、トトロの森のモデルとなった「八国山の森」、修験者が集う信仰の山「御岳山の森」、東京湾で進行中の壮大な造成計画「海の森」など28ヵ所の森を、現地の植物のカラー写真や資料などを使用して解説されている。
生き続けてきた森の持つ、静かさや悲しみ、力強さなどを感じながら森を歩きたくなってきた。


カラー版 東京の森を歩く (講談社現代新書)

カラー版 東京の森を歩く (講談社現代新書)

  • 作者: 福嶋 司
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/03/15
  • メディア: 新書



nice!(67) 
共通テーマ:

「新しい食べ方でやせる&健康になる 寒天レシピ」石澤清美 [本]

「新しい食べ方でやせる&健康になる 寒天レシピ」

著者:石澤清美
発行:主婦の友社

石澤清美(いしざわきよみ)氏の作品
料理家。国際中医師。国際中医薬膳師。NTI認定栄養コンサルタント。ハーバルセラピスト。
毎日のおかずから、保存食、パン、お菓子まで、レパートリーが広い。
また、食べ物と体の関係について勉強をつづけ、考察を重ねている。
著書に『「出す力」を強めてやせる!ダイエット新レシピ』『毎日食べたい!食物繊維たっぷりのからだにいいパン』など。

寒天には食物繊維が豊富に含まれているという。
本書によると、厚生労働省の平成25年国民健康・栄養調査で各年代にわたり食物繊維の不足が指摘されており、年齢が若くなるほど不足量が多い傾向であるようだ。
一日に摂取すべき目標値は、成年男性で20g以上、女性で18gだという。
食物繊維には、水に溶けやすい水溶性と、水に溶けにくい不溶性のものがあるようで、寒天には、一般的には水溶性食物繊維が多く含まれているようである。
毎日の食事に寒天を加えることにより、便秘の解消や、糖尿病の予防、コレステロール値を下げる、血圧を下げる、体重の減少を促すなど、健康や体調を維持する効果に期待が持てるという。

本書は、寒天を使用した料理のレシピ集である。
肉料理、サラダ、卵料理、スープ、デザートなど、取り合わせ豊かなレシピが並ぶ。
寒天のみそ漬け、ふっくらハンバーグ、糸寒天入り肉春巻き、鮭のクリーミーグラタン、ポテトサラダ、だし巻き卵、糸寒天入り春雨スープ、野菜の寒天寄せ、ミルクチーズケーキ、煮あずきの水ようかん、紅茶の蒸しパン、バナナチョコレートブレッド、食パンなど、目安カロリーとともに紹介されている。
寒天の種類と特徴、もどし方・固め方、寒天の使い方Q&Aなど簡潔に書かれており、初心者にも分かりやすい内容となっているかと思う。


俳句を置かせて頂く。

嶺々わたる日に寒天を晒すなり 木村蕪城


新しい食べ方でやせる&健康になる 寒天レシピ

新しい食べ方でやせる&健康になる 寒天レシピ

  • 作者: 石澤 清美
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2017/06/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(65) 
共通テーマ:

「老いへの「ケジメ」」斎藤茂太 [本]

「老いへの「ケジメ」」

著者:斎藤茂太
発行:新講社

斎藤茂太(さいとうしげた)氏の作品
精神神経科・斎藤病院名誉院長として、悩める現代人の「心の安らぎコンサルタント」として、また、日本旅行作家協会会長、日本ペンクラブ名誉会長など多方面で活躍。
「人生は悠々と、急がずあせらず」をモットーに、おだやかな人柄で知られ、「モタさん」の愛称で親しまれている。2006年11月逝去。
著書は、『ほがらかに品よく生きる』『「捨てる」「思い切る」で人生がラクになる』『「あなたと会うとほっとする」といわれる人の共通点』『「こころの掃除」術』など。

本書は、人生の終点である「死」に向けての物事の処理の仕方や、考え方などが語られたエッセイである。
物の捨て方、形見分け、戒名、こころの休みを考える、未練とどう折り合いをつけるかなど、老後に向けてのアドバイスや解決方法を、自らの経験や、人の経験、知恵などを交え、肩の力を抜いた感じで綴られている。
本文のなかに「人生の折り返しということを頭の中に入れておくと、いろいろなことが見えてくる。」とあり、一歩ずつ死に近づいていることを感じずにはいられなくなる。
人間、何年生きるかは分からないが、先々「老い」を迎えることになるであろう中年の方にも楽しめる内容かと思う。


老いへの「ケジメ」 (WIDE SHINSHO219 (新講社ワイド新書))

老いへの「ケジメ」 (WIDE SHINSHO219 (新講社ワイド新書))

  • 作者: 斎藤茂太
  • 出版社/メーカー: 新講社
  • 発売日: 2015/06/26
  • メディア: 新書


nice!(69) 
共通テーマ:

「はらぺこスピードレシピ ぜんぶ 卵レシピ」重信初江 [本]

「はらぺこスピードレシピ ぜんぶ 卵レシピ」

著者:重信初江
発行:世界文化社

重信初江(しげのぶはつえ)
料理研究家。
服部栄養専門学校調理師科卒業後、織田調理師専門学校で助手として勤務。
料理研究家のアシスタントを経て、独立。
身近な材料で作る手軽なレシピに定評がある。
旅行好きで、世界の料理にもくわしい。
著書に『調味料1:1で作れる毎日ごはん』(主婦と生活社)、『「これ、おいしい!」と必ずいわれる大絶賛レシピ』(主婦の友社)などがある。

身近にある食べ物である「卵」には、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウム、カリウム、カルシウム、リン、鉄、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEなど、体を支える様々な栄養素が含まれているという。
卵を食べることで、視力低下や貧血防止、美肌や体形維持などの効果が期待できそうである。
本書は、「卵」を使用したレシピ集である。
著者のお気に入り卵レシピをはじめ、卵+もう一品でお手軽レシピ、おつまみ卵、ご飯・めん・パンのレシピ、世界の卵料理などに分けられた、簡単で親しみのあるレシピが並ぶ。
重信家の茶碗蒸し、ゆで卵の肉巻き照り焼き、にら玉、絹さやの卵とじ、切り干し大根卵焼き、うずら卵のピンチョス、分厚い卵焼きサンドイッチ、カルボナーラ、メネメン、シャクシュカなどが紹介されている。
卵の種類や保存方法、目玉焼き、ゆで卵などの基本レシピ、卵の規格などの解説や、著者の卵(たまご)コラムも興味深い。


ぜんぶ 卵レシピ  (はらぺこスピードレシピ)

ぜんぶ 卵レシピ  (はらぺこスピードレシピ)

  • 作者: 重信 初江
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2017/12/15
  • メディア: 単行本


nice!(64) 
共通テーマ:

「美容、健康、料理&家事に 毎日、ハッカ生活。」北見ハッカ愛好会 [本]

「美容、健康、料理&家事に 毎日、ハッカ生活。」

著者:北見ハッカ愛好会
発行:大和出版

北見ハッカ愛好会の作品。
北見ハッカのハッカ商品をこよなく愛する集団。
「この素晴らしさ、奥深さ、便利さを伝えたい!」という気持ちで、研究を重ねている。
この本では、メンバーが独自にリサーチし、実際に使った方法をたっぷり紹介。
もちろん、365日、ハッカの瓶は欠かせない。

ハッカは、鼻炎の予防や、風邪対策、健胃作用・整腸作用など、健康に良いといわれ、様々な用途があるという。
ハッカ草から抽出された精油である「ハッカ油」は、スーパーや薬局、本屋などでも気軽に買うことが出来るアイテムになっているようである。

本書は、北見ハッカのハッカ油ボトルを使用した生活用品などを紹介した書き物である。
体調管理や、虫よけ、害虫対策、リフレッシュ、料理など、あらゆる場面で効果の期待できるハッカ油の特性が、イラストや一言アドバイスなどを用いて分野ごとに解説されている。
ハッカ帽子、ハッカの美容液、ハッカのマウスウォッシュ、虫よけスプレー、ハッカマスクなど、暮らしの中で実用的な物を分かりやすく紹介されている。
また、ハッカ油を使用した料理レシピ(ハッカのクッキー、ハッカ入りジンジャードリンク、ハッカの水羊羹、ハッカの冷製スープなど)も試してみたくなる。
なお、本書のコラムによると、「猫のいる家では使わない」とある。
肝臓の数値が上がるなど、猫とは相性が悪いようだ。


美容、健康、料理&家事に  毎日、ハッカ生活。

美容、健康、料理&家事に 毎日、ハッカ生活。

  • 作者: 北見ハッカ愛好会
  • 出版社/メーカー: 大和出版
  • 発売日: 2017/04/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

北見ハッカ通商 ハッカ油ビン 10ml スプレー

北見ハッカ通商 ハッカ油ビン 10ml スプレー

  • 出版社/メーカー: 北見ハッカ通商
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品



nice!(71) 
共通テーマ:

「はちみつ日和 花とミツバチと太陽がくれた薬」前田京子 [本]

「はちみつ日和 花とミツバチと太陽がくれた薬」

著者:前田京子
発行:マガジンハウス

国際基督教大学教養学部、東京大学法学部卒業。
手作り石けん・ボディケアブームの先駆けとなったベストセラー『お風呂の愉しみ』『オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る』(共に飛鳥新社)、『はっか油の愉しみ』(マガジンハウス)、『石けんのレシピ絵本』(主婦と生活社)など著書多数。
『ひとさじのはちみつ 自然がくれた家庭医薬品の知恵』がベストセラーに。
横浜市在住。

はちみつは美味しい。
何年か前から、健康のため毎日食べている。
トーストやヨーグルトなど、必ず何かと合わせて口に入れることにしている。
おかげで、今のところインフルエンザや風邪などを罹患していない。
はちみつには、風邪やインフルエンザの予防のほか、冷え性、便秘、熱中症予防、胃痛・胃潰瘍の予防など様々な効果が期待できるようである。

本書は「はちみつ」の選び方、病気や体調管理の利用方法などについて簡潔に書かれた書き物である。
家庭薬としてすすめられている「百花蜜」の話。アピセラピー(ミツバチ療法)の要であるはちみつの効能の話。
自律神経の不調を整えるローヤルゼリー、感染症の治療薬だったプロポリス。
ハニーキャンディ・はちみつ水・グリーンサラダ用はちみつドレッシング、はちみつ練り味噌などの美味しそうなレシピから、「眠り薬」のはちみつ・プロポリス軟膏などの、家庭医学的な薬レシピなども紹介されている。


俳句を置かせて頂く。

蜂の尻ふは〱と針をさめけり 川端茅舎



はちみつ日和 花とミツバチと太陽がくれた薬

はちみつ日和 花とミツバチと太陽がくれた薬

  • 作者: 前田京子
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2017/08/31
  • メディア: 単行本



nice!(74) 
共通テーマ: