So-net無料ブログ作成
検索選択
<ご連絡>
仕事や私事が重なり、しばらくの間、不定期の更新とさせて頂きます。
何卒宜しく御願い申し上げます。

2017年08月| 2017年09月 |- ブログトップ

「カニカマ100皿」カニカマファンクラブ [本]

「カニカマ100皿」

著者:カニカマファンクラブ
発行:文藝春秋

カニカマファンクラブの作品
カニカマ愛好者が密かに結成しているクラブ。
日々、おいしくて楽しいカニカマおよびカニカマ料理を追い求めている。

「カニカマ」は、味やかたちなど、様々な種類のものがあるという。
著者であるカニカマファンクラブが分類したところ、「スティックタイプ」「フレークタイプ」「カットタイプ」「ロングタイプ(業務用)」「プレミアムタイプ」など、色々な種類があるようだ。
本書は、カニカマを製造されているスギヨの製品を使用した、カニカマのレシピ集である。
レシピは、おつまみ、朝ごはん、居酒屋風、エスニック、ごはん系などに分類されており、カニカマの特徴が生かされ、様々な食材と取り合わせられた料理が並ぶ。
カニカマキッシュ、カニカマトースト、カニカマの和風ポテサラ、カニカマの磯辺焼き、カニカマの茶碗蒸し、カニカマのマヨネーズ焼き、カニカマ餃子(焼き餃子・揚げ餃子・水餃子)、カニカマタンメン、カニカマ味噌汁など100のレシピが紹介されている。
「カニカマは海外でも大人気だった!」「カニカマの最高峰を発見!」などのコラムや、カニカマの愛好者である大宮エリー氏、辛酸なめ子氏、小宮山雄飛氏、小山薫堂氏、Lilico氏がコメントを寄せている「カニカマと私」など、楽しく読める内容となっているかと思う。


カニカマ100皿

カニカマ100皿

  • 作者: カニカマファンクラブ
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/04/21
  • メディア: 単行本


nice!(62) 
共通テーマ:

品川区 大井町にて 薄(すすき) [日記・雑感]

大井町での打ち合わせの帰り、立ち寄った公園でススキを見かけました。
CIMG5910-2_1.jpg
「薄・芒(すすき)」はイネ科の多年草で、屋根を葺くのに使用したため「カヤ」ともいい、秋に黄褐色か紫褐色の花穂(かほ)を出し、花穂が開くと真っ白な獣の尾を思わせるような形となることから「尾花(おばな)」とも呼ばれるそうです。
花穂の長さは15~40センチで、十寸(30センチ)あるものは「十寸穂の芒(ますほのすすき)」といわれるということです。


俳句を置かせて頂きます。

杣人に夕日なほある芒かな 原石鼎



合本俳句歳時記 第四版

合本俳句歳時記 第四版

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川学芸出版
  • 発売日: 2008/06/28
  • メディア: 単行本


nice!(70) 
共通テーマ:日記・雑感

「鳴く虫ハンドブック コオロギ・キリギリスの仲間」奥山風太郎 [本]

「鳴く虫ハンドブック コオロギ・キリギリスの仲間」

著者:奥山風太郎
発行:文一総合出版

奥山風太郎(おくやまふうたろう)氏の作品
10代前半より生き物にまつわる仕事に従事。
世界各地で野生生物の姿を調査し、雑誌等で紹介してきた。
鳴く虫は正体不明な幼虫の羽化する瞬間が好き。

本書は、音を発する虫のうち、コオロギやキリギリスの仲間を「鳴く虫」として紹介したハンドブックである。
「コオロギやキリギリスの仲間」とは、分類学上は、バッタ目(直翅目)コオロギ亜目のコオロギ上科に近縁なグループとキリギリス上科に属する種を指すようである。
北海道から沖縄の離島まで日本各地の「鳴く虫」の生きた個体の写真を中心に、科名、和名・学名、倍率、原寸のシルエット、生息地のイメージ(イラスト)などが掲載されている。
分布マップや生息場所、鳴き声の聞こえ方、ライフサイクルなど、著者の観察経験と記録に基づいた豊富な情報が添えられており、ヒガシキリギリス、クサキリ、ハタケノウマオイ、セスジツユムシ、カワラエンマコオロギ、ハラオカメコオロギ、クマスズムシ、アオマツムシ、カンタン、クサヒバリ、シバスズ、イソカネタタキなど、72種類(種名索引を数えたところ)が紹介されている。
「鳴く虫を楽しむ 虫籠編」「たまごの話」「都会で一番多い鳴く虫?」などの書き物も興味深い。


鳴く虫ハンドブック—コオロギ・キリギリスの仲間

鳴く虫ハンドブック—コオロギ・キリギリスの仲間

  • 作者: 奥山 風太郎
  • 出版社/メーカー: 文一総合出版
  • 発売日: 2016/08/08
  • メディア: 新書


nice!(69) 
共通テーマ:

2017年08月|2017年09月 |- ブログトップ