So-net無料ブログ作成
検索選択
<ご連絡>
仕事や私事が重なり、しばらくの間、不定期の更新とさせて頂きます。
何卒宜しく御願い申し上げます。

千代田区 皇居東御苑にて 玫瑰の実(はまなすのみ) [日記・雑感]

先日、皇居東御苑を訪れたときに「バラ園」を見てみると、ハマナスの実が色づいていました。
CIMG5892-2_1.jpg
ハマナスの実は7月から10月に赤く熟し、先端には萼片(がくへん)が残るのが特徴のようです。
多肉でビタミンが多く甘酸っぱい味で、生のまま食べたり、ジャムにしたりするということです。

歳時記によると、「玫瑰(はまなす)」は夏の季語、「玫瑰の実(はまなすのみ)」は秋の季語だそうです。


角川俳句大歳時記「秋」

角川俳句大歳時記「秋」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/07/31
  • メディア: 単行本


nice!(76) 
共通テーマ:日記・雑感

千代田区 皇居東御苑にて 金柑の花(きんかんのはな) [日記・雑感]

先日訪れた皇居東御苑で、キンカンの花が咲いているのを見かけました。
CIMG5884-2_1.jpg
「金柑(きんかん)」は中国原産のミカン科の常緑低木で、小さな白い五弁の花は7月と9、10月頃の2、3回咲くようです。
歳時記によると「金柑の花」は夏の季語とされているそうです。


角川俳句大歳時記「夏」

角川俳句大歳時記「夏」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/05/31
  • メディア: 単行本


nice!(68) 
共通テーマ:日記・雑感

千代田区 皇居東御苑にて 山百合(やまゆり) [日記・雑感]

先日訪れた皇居東御苑の「二の丸雑木林」では、ヤマユリの花が咲き始めているのを見ることができました。
CIMG5864-2_1.jpg
「山百合(やまゆり)」はユリ科の多年草で、『古事記』や『万葉集』にも登場する日本固有のユリだそうです。
白い大輪の花は香りが強いのが特徴で、その華麗な姿に魅了されたヨーロッパの人々により「オリエンタルハイブリッド」という園芸種群が生み出されたということです。


俳句を置かせていただきます。

起ち上る風の百合あり草の中 松本たかし



合本俳句歳時記 第四版

合本俳句歳時記 第四版

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川学芸出版
  • 発売日: 2008/06/28
  • メディア: 単行本

里山の植物ハンドブック―身近な野草と樹木

里山の植物ハンドブック―身近な野草と樹木

  • 監修: 多田多恵子
  • 写真: 平野 隆久
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2009/02
  • メディア: 単行本


nice!(78) 
共通テーマ:日記・雑感

「さばかない・おろさない! 魚のおかず90」ベターホーム協会 [本]

「さばかない・おろさない! 魚のおかず90」

編集:ベターホーム協会
発行:ベターホーム協会

本書は、魚を捌かず、スーパーなどで売られている切り身や刺身、缶詰、シーフード(エビ、タコなど)などを使い、それらと取り合わせのよい食材による豊富なレシピが紹介された書き物である。
料理に使われるのは、生さけ、ブリ、サバ、白身魚の切り身や、まぐろ、サーモンなどの刺身、さんまの蒲焼、オイルサーディン、さけ缶など。
レシピは和食・洋食・中華・エスニックなど種類が豊富で、魚を捌かずにすぐ調理できるため、調理時間もあまり掛からないものが多いようだ。
切り身1切れで2人分作れる、といった節約レシピも掲載されている。
さけのパセリパン粉焼き、さけのトマト煮、スープで食べるぶりソテー、ぶりのコチュジャン炒め、さばの甘酢炒め、さばのカレー揚げ、さわらのジョン、たらとじゃがいもの卵とじ、まぐろの生春巻き、かつおのからし酢みそ、えびのざぶとんぎょうざ、たことじゃがいものガーリック炒め、シーフードのスピード八宝菜、さんま缶の混ぜずし、オイルサーディンのエスニック蒸しなどが紹介されている。
切り身や刺身などの材料が余った際の保存方法の話や、「魚のおかずのかんたんつけあわせ」、「粕漬けや西京漬けを上手に焼こう!」などのコラムも興味深い。


さばかない・おろさない! 魚のおかず90

さばかない・おろさない! 魚のおかず90

  • 編集: ベターホーム協会
  • 出版社/メーカー: ベターホーム協会
  • 発売日: 2017/03/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(78) 
共通テーマ:

千代田区 皇居東御苑にて 蛍袋(ほたるぶくろ) [日記・雑感]

先日、東京駅付近での打ち合わせの帰りに、再び皇居東御苑に行ってみました。
こちらは「二の丸雑木林」で見かけたホタルブクロの花です。
CIMG5849-2_1.jpg
「蛍袋(ほたるぶくろ)」はキキョウ科ホタルブクロ属の多年草で、花は淡紅紫色か、白色で濃色の斑点があり、鐘の形に似ているようです。
歳時記によると、この花の中に蛍を入れて遊んだことから「蛍袋」という名前が付いたというものが一般の説とのことです。
「釣鐘草(つりがねそう)」「提灯花(ちょうちんばな)」「風鈴草(ふうりんそう)」という別名もあるようです。


俳句を置かせて頂きます。

宵月を蛍袋の花で指す 中村草田男



角川俳句大歳時記「夏」

角川俳句大歳時記「夏」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/05/31
  • メディア: 単行本


nice!(68) 
共通テーマ:日記・雑感

千代田区 皇居東御苑にて 鶯神楽(うぐいすかぐら) [日記・雑感]

先月訪れた皇居東御苑の「二の丸雑木林」で、小さな赤い実をつけている木がありました。
CIMG5739-2_1.jpg
「ウグイスカグラ」だそうです。
「鶯神楽(うぐいすかぐら)」は、スイカズラ科の落葉低木で、春には淡紅色の花を下向きにつき、6月頃に熟す果実は甘く食べられるということです。
名前はウグイスの初音の頃に花が咲くことに由来し、「ウグイスノキ」という別名もあるそうです。


里山の植物ハンドブック―身近な野草と樹木

里山の植物ハンドブック―身近な野草と樹木

  • 監修: 多田多恵子
  • 写真: 平野 隆久
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2009/02
  • メディア: 単行本



nice!(73) 
共通テーマ:日記・雑感

千代田区 皇居東御苑にて 野茨(のいばら) [日記・雑感]

先月、皇居東御苑の「バラ園」で見かけた「テリハノイバラ」です。
CIMG5795-2_1.jpg
「野茨(のいばら)」はバラ科の落葉低木で、枝に下向きに曲がった刺(とげ)があり、枝の先や葉のわきに円錐状に多数の花を付けるのが特徴のようです。
熟すと赤くなる球形の果実は薬用にされるのだそうです。


俳句を置かせて頂きます。

野茨の花に星出づ廃寺院 飯田龍太



角川俳句大歳時記「夏」

角川俳句大歳時記「夏」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/05/31
  • メディア: 単行本


nice!(77) 
共通テーマ:日記・雑感