So-net無料ブログ作成
<ご連絡>
仕事や私事が重なり、しばらくの間、不定期の更新とさせて頂きます。
何卒宜しく御願い申し上げます。

品川区にて 高嶺撫子(たかねなでしこ) [日記・雑感]

先日、大井町での打ち合わせの帰り道で見かけた「タカネナデシコ」の花です。
RIMG3933_1_1.JPG
「高嶺撫子(たかねなでしこ)」はナデシコ科の多年草で、「河原撫子(かわらなでしこ)」の高山型変種と考えられているそうです。
河原撫子よりも草丈がやや低く、花は大型、濃紅色で、花弁(はなびら)の縁が細く裂けるのが特徴のようです。

nice!(75) 
共通テーマ:日記・雑感

「能町みね子の純喫茶探訪 きまぐれミルクセ~キ」能町みね子 [本]

「能町みね子の純喫茶探訪 きまぐれミルクセ~キ」

著書:能町みね子
発行:オレンジページ

能町みね子氏の作品。
漫画家・文筆家。
『言葉尻とらえ隊』(文春文庫)、『雑誌の人格』(文化出版局)、『能町みね子のときめきデートスポット 略して 能スポ』(講談社文庫)など著作多数。
相撲愛好家としての活動も有名。

ミルクセーキにはフレンチスタイルとアメリカンスタイルがあり、フレンチスタイルでは卵黄を使い、アメリカンスタイルではアイスクリームを使うという。

本書は、「純喫茶」と言われるような喫茶店が大好きだという筆者が、東京や全国でふと入った喫茶店でミルクセーキをたのむという、純喫茶探訪記のような作品である。
東京については、雑誌などでもほとんど取り上げられず、風景の一部となり地元の人が集っているような9件の喫茶店が、東京以外の街については、北海道から佐賀県まで気のおもむくままに探して見つけた15件の喫茶店が紹介されている。

北海道で離島の「地元密着型」の喫茶店に驚き、金沢でミルクセーキの無い名店を取り上げたり、自宅の近所の店ではミルクセーキよりも気になるメニューを見つけてしまったり、といった微笑ましいエピソードも含まれ、軽妙な文体で気軽に読める内容となっているかと思う。

なお、本書は、月刊『食べようび』(2012年8月号~2014年6月号)、『食べようび』1st ISSUE、2nd ISSUEに連載された内容に加筆・修正して1冊の本にまとめたものだそうである。


能町みね子の純喫茶探訪 きまぐれミルクセ~キ (オレンジページムック)

能町みね子の純喫茶探訪 きまぐれミルクセ~キ (オレンジページムック)

  • 作者: 能町みね子
  • 出版社: オレンジページ
  • 発売日: 2016/04/20
  • メディア: ムック


nice!(78) 
共通テーマ:

「ピンポンパールを飼おう! ピンポンパールと小さな金魚の楽しみ方」小林道信 [本]

「ピンポンパールを飼おう! ピンポンパールと小さな金魚の楽しみ方」

著者:小林道信
発行:誠文堂新光社

小林道信(こばやしみちのぶ)
1960年、東京都生まれ。
世界でも数少ない熱帯魚専門の水槽写真家。
撮影対象は、熱帯魚を中心に海水魚、海産無脊椎動物、水草、水草レイアウト水槽、金魚、錦鯉、アクア・インテリア水槽と、水槽飼育可能な生物を中心に多岐に渡る。
スタジオには50本以上の大小の水槽があり、様々な熱帯魚を時間をかけて飼育し、ベストな状態に仕上げ撮影を行なっている。
主な著書は、「ザ・熱帯魚」「ザ・熱帯魚水槽」「ザ・海水魚」「ザ・海の無脊椎動物」「熱帯魚・水草スーパーカタログ」「海水魚・海の無脊椎動物スーパーカタログVol.01」「熱帯魚完全飼育・怪魚編」「熱帯魚完全飼育・美魚編」(以上、誠文堂新光社)、「熱帯魚・水草カラー図鑑」(西東社)、「熱帯魚大図鑑」(世界文化社)、「熱帯魚・水草完全入門」(創元社)、「レッドビーシュリンプ」「アロアナグラフィック・アロワニアVol.1~15」「モンスターフィッシュ・キーパーズVol.1~6」(以上、ピーシーズ)など、60冊以上の著書がある。

ピンポンパールとは字のごとく、卓球のピンポン球のようなまん丸の体を持つ金魚であるようだ。
可愛い姿から弱そうなイメージを抱いてしまうが、普通の金魚と同様に飼育はやさしく、金魚を飼ったことがある方なら、誰でも飼育に挑戦できそうである。
本書は、「ピンポンパール」の特徴や魅力、飼育方法などが解説された書き物である。
著者はプロフィールにあるように熱帯魚専門の水槽写真家であり、どの写真からもピンポンパールの特徴や愛くるしさが伝わってくる。
購入時の注意点、日常管理、白点病の予防と治療、餌や飼育用品の紹介など、写真を中心とし、簡潔な解説が付されている。
ピンポンパールの体色は水草とのバランスがよいらしく、水草の紹介やピンポンパール以外の小さな金魚の解説も参考になる。
「とっても長い金魚のフン」、「ピンポンパールは泳ぎが下手か?」などのコラムやピンポンパールQ&Aなども興味深い。


俳句を置かせて頂く。

あるときの我をよぎれる金魚かな 中村汀女



ピンポンパールを飼おう!―ピンポンパールと小さな金魚の楽しみ方

ピンポンパールを飼おう!―ピンポンパールと小さな金魚の楽しみ方

  • 作者: 小林 道信
  • 出版社/メーカー: 誠文堂新光社
  • 発売日: 2008/06
  • メディア: 単行本


nice!(74) 
共通テーマ:

品川区 勝島運河にて 蜂(はち) [日記・雑感]

4月の初め頃、仕事の打ち合わせの帰りに、品川区の勝島運河を訪れました。
菜の花が一面に咲いており、あちこちで蜂が花の蜜を集めているようでした。
CIMG5514-2_1.jpg
「蜂(はち)」はハチ目のうちアリ科以外の昆虫の総称で、スズメバチ科、ミツバチ科、ツチバチ科など種類が多く、ミツバチのように集団で生活する種類がいる一方で、ジガバチのように単独生活をするものもいるそうです。


俳句を置かせて頂きます。

蜂の尻ふわふわと針をさめけり 川端茅舎



角川俳句大歳時記「春」

角川俳句大歳時記「春」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/12/30
  • メディア: 単行本


nice!(85) 
共通テーマ:日記・雑感

目黒区にて 青葉(あおば) [日記・雑感]

池尻大橋方面での打ち合わせの帰り道で見かけた紫陽花です。
CIMG5720-2_1.jpg
青々とした葉のなかに小さな蕾(つぼみ)が見えました。
歳時記によると、初夏の若葉が青々とした生気を漲らせ、いよいよ生い茂っているさまを「青葉」という季語で表されるそうです。


俳句を置かせて頂きます。

服薬の水は青葉にかざしてより 岡本眸



角川俳句大歳時記「夏」

角川俳句大歳時記「夏」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/05/31
  • メディア: 単行本


nice!(71) 
共通テーマ:日記・雑感

目黒川の桜2017 葉桜(はざくら) [日記・雑感]

先日、打ち合わせの帰りに目黒川沿いを歩いてみました。
CIMG5719-2_1.jpg
桜はすっかり葉桜となり、川面にも葉の緑が映し出されているようです。
CIMG5717_1.JPG
葉の生い茂った木の下は、心なしか風が涼しく感じられました。


俳句を置かせて頂きます。

葉ざくらや人に知られぬ昼あそび 永井荷風



角川俳句大歳時記「夏」

角川俳句大歳時記「夏」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/05/31
  • メディア: 単行本


nice!(78) 
共通テーマ:日記・雑感

「日本懐かしガチャガチャ大全」ワッキー貝山 [本]

「日本懐かしガチャガチャ大全」

著者:ワッキー貝山
発行:辰巳出版

ワッキー貝山氏の作品。
東北を中心に活動するローカルタレント。
ガチャガチャ収集家として、新旧問わず10万点以上のコレクションを誇る。
『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)や『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)など、メディアへの出演や素材提供も多数。

ガチャガチャの起源は、1930年頃にアメリカで人気があったガムの自販機のおまけで、後にガムのおまけだけを商品としたものが生まれ、アメリカ国内で大流行したという。
日本では1965年に「ペニイ商会」という国内初めてのガチャガチャ企業が誕生し、プラスチックカプセルに香港などから輸入されたおもちゃを入れるスタイルが確立されたそうだ。
さらに1967年には、ガチャガチャのメーカーのパイオニアとなる「今野産業」がカプセルトイ分野に進出、ミニ玩具やキャラクターのシールが貼られた小物などがカプセルに入れられるようになったという。
1975年頃には日本オリジナルのフィギュアが登場、スーパーカーや『ウルトラマン』『仮面ライダー』といった人気のヒーローなどが再現され、ガチャガチャ人気が盛り上がっていったようだ。

本書は日本における「ガチャガチャ」の歴史を、販売されていた商品のコレクション写真と共に紹介する書き物である。
ゴジラ、機動戦士ガンダム、バイキン軍団、太陽戦隊サンバルカン、戦闘メカ ザブングル、キン肉マン、ドレミファ・どーなっつ!、ひょっこりひょうたん島、ギララの逆襲、コップのフチ子などが掲載されている。

懐かしいガチャガチャの筐体、カプセルや箱、ミニブック、台紙などを紹介するコラムがあり、興味深い。
また、バンダイ、エポック社、奇譚クラブといったメーカーの担当者や、ガチャガチャを扱う駄菓子屋店主へのインタビューなども読むことができる。


日本懐かしガチャガチャ大全 (タツミムック)

日本懐かしガチャガチャ大全 (タツミムック)

  • 作者: ワッキー貝山
  • 出版社/メーカー: 辰巳出版
  • 発売日: 2016/01/29
  • メディア: ムック


nice!(77) 
共通テーマ:

「りんごのお菓子」齋藤真紀 [本]

「りんごのお菓子」

著者:齋藤真紀
発行:エイ出版社

齋藤真紀(さいとうまき)氏の作品

お菓子・料理研究家。
洋菓子店に勤務し、パティシェとして数々のお菓子を作る。
その後、フードコーディネーターの柳瀬久美子さんに師事し、独立。
身近な材料でシンプルに作れるおいしいお菓子が人気で、雑誌や書籍、広告、企業の商品開発など幅広い分野で活躍中。
著者に「ミラクルおいしい!はじめてのお菓子レシピ」(西東社刊)、共著に「おいしいプリン」(小社刊)などがある。

本書によると、りんごのお菓子をおいしくするリンゴの選び方として、以下の3つのポイントがあるそうだ。

・ほどよい甘味と酸味がある
・煮くずれしにくい
・色が残りやすい

リンゴの品種や特性、収穫時期などを理解することにより、個性的で美味しいりんごのお菓子を作ることができるようである。
本書は、「りんご」を使用したお菓子(スイーツ)のレシピ集である。
簡単なお菓子、焼き菓子、ケーキ類、冷たいお菓子など、定番なものから、取り合わせ豊かなものまで紹介されている。
焼きりんご、りんごのクレープシュゼット、りんごとチーズのマフィン、りんごとバナナのパウンドケーキ、りんごのブロンディ、タルトタタン、アップルシナモンロール、りんごのティラミス、りんごの杏仁スープ、りんごのスティック春巻きなど、美味しそうな写真とともに掲載されている。


俳句を置かせて頂く。

母が割るかすかながらも林檎の音 飯田龍太



りんごのお菓子 (エイムック 2712 ei cooking)

りんごのお菓子 (エイムック 2712 ei cooking)

  • 作者: 齋藤 真紀
  • 出版社/メーカー: エイ出版社
  • 発売日: 2013/10/16
  • メディア: ムック



nice!(76) 
共通テーマ:

品川区にて 躑躅(つつじ) [日記・雑感]

先日、西大井方面での打ち合わせの帰り道で、ツツジの花が咲いているのを見かけました。
CIMG5703-2_1_1.jpg
「躑躅(つつじ)」はツツジ科ツツジ属の常緑、または落葉性低木の総称で、野生で20種以上、園芸品種は数百種程と種類が多く、紅、緋、紫、白、絞りなど多彩な色の花を咲かせるということです。
名前の由来は、「ツツジバナ(筒状花)」の略、花が次々と咲くので「ツヅキサキギ(続咲木)」など、諸説あるそうです。


俳句を置かせて頂きます。

盛りなる花曼荼羅の躑躅かな 高浜虚子



角川俳句大歳時記「春」

角川俳句大歳時記「春」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/12/30
  • メディア: 単行本


nice!(69) 
共通テーマ:日記・雑感