So-net無料ブログ作成
検索選択
<ご連絡>
仕事や私事が重なり、しばらくの間、不定期の更新とさせて頂きます。
何卒宜しく御願い申し上げます。

品川区にて 実梅(みうめ) [日記・雑感]

先日、大井町での打ち合わせの後、戸越方面に向かう道で梅の木を見かけました。
CIMG4413-2_1.jpg
5月に見かけた梅の実は青梅(あおうめ)でしたが、こちらは橙色でかなり熟しているようです。


俳句を置かせていただきます。

牛の顔大いなるとき実梅落つ 石田波郷



角川俳句大歳時記「夏」

角川俳句大歳時記「夏」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/05/31
  • メディア: 単行本



nice!(149) 

港区 旧芝離宮恩賜庭園 天道虫(てんとうむし) [日記・雑感]

先日の旧芝離宮恩賜庭園でガクアジサイを見ていたところ、葉にテントウムシの姿がありました。
CIMG4359-2_1.jpg
歳時記によると、「天道虫(てんとうむし)」はテントウムシ科の甲虫の総称で、小型で卵形や楕円形をしており、背が丸く、黒・赤・黄などの斑点を持ち光沢がある、という点が特徴だそうです。
CIMG4355_1.JPG
様々な種類があり、七星天道(ななほしてんとう)などの益虫が多いものの、二重八星天道(にじゅうやほしてんとう)など害虫もいるということです。


俳句を置かせていただきます。

翅わつててんたう虫の飛びいづる 高野素十



合本俳句歳時記 第四版

合本俳句歳時記 第四版

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川学芸出版
  • 発売日: 2008/06/28
  • メディア: 単行本


nice!(116) 

港区 旧芝離宮恩賜庭園 額紫陽花(がくあじさい) [日記・雑感]

先日訪れた旧芝離宮恩賜庭園では、様々なガクアジサイの花を見ることができました。
CIMG4351_2.JPG
「額紫陽花(がくあじさい)」はユキノシタ科の落葉低木、紫陽花の母種で、自生するものは関東南部や伊豆七島の海岸近くで見られるようです。
CIMG4344_1.JPG
歳時記によると、枝先に小型の両性花が多数つき、その回りを装飾花が額縁のように縁取る姿から、「額紫陽花(がくあじさい)」という名となり、他に「額の花(がくのはな)」「額草(がくそう)」「額花(がくばな)」という季語で俳句に詠まれるということです。


俳句を置かせて頂きます。

額の花病に隠るることなかれ 石田波郷



角川俳句大歳時記「夏」

角川俳句大歳時記「夏」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/05/31
  • メディア: 単行本



nice!(112) 

「サンゴ礁のエビハンドブック」峯水亮 [本]

「サンゴ礁のエビハンドブック」

著者:峯水亮
発行:文一総合出版

峯水亮(みねみずりょう)氏
1970年、大阪府生まれ。
1997年より水中写真家として独立。
峯水写真事務所代表。
現在は自然関係の書籍やダイビング雑誌、映像撮影など多方面で活躍。
主な著書・共著書に『日本の海水魚466』『海の甲殻類』(文一総合出版)など。

本書は日本のサンゴ礁域のエビにこだわり撮影された写真を中心に、分布、種名・属名・学名、エビが見つかるポイント、解説、科・亜科名などが掲載されたハンドブックである。
共生種については、宿主がわかるようにイラストのアイコンが示されており分かりやすい。
フトミゾエビ、ホッコクエビ、メタペナエオプシス・メノウイ、ステノプス・アールイ、ミクロプロステマ・タケダイ、エンヤサラサエビ、パイプウニエビ、サガミツノメエビ、ベンテンコモンエビ、ライデンテナガカクレエビ、オドリカクレエビ、ヤクシマカクレエビ、イソギンチャクエビ、コトブキテッポウエビ、アザミカクレモエビ、クラゲエビ、アカイセエビ、キタンヒメセミエビ、ショウグンエビなど、266種が掲載されている。
コラム「ホヤ類に生息するカクレエビ亜科の不明種」、「サンゴ礁に分布しないAncylomenes属」なども興味深い。


サンゴ礁のエビハンドブック

サンゴ礁のエビハンドブック

  • 作者: 峯水 亮
  • 出版社/メーカー: 文一総合出版
  • 発売日: 2013/01/25
  • メディア: 新書


nice!(121) 

「別冊すてきな奥さん こんにゃく博物館の満腹こんにゃくレシピ」脇雅世 [本]

「別冊すてきな奥さん こんにゃく博物館の満腹こんにゃくレシピ」

料理:脇雅世
監修:こんにゃく博物館
発行:主婦と生活社

脇雅世(わきまさよ)氏
フランスに10年滞在し、「ル・コンドルブルー」などで料理を習得。
帰国後、家庭料理をテレビや雑誌で発表し、人気料理研究家に。
近著に『まるごと柑橘レシピ』(家の光協会)、『もっとおいしい!フライパン』『きほんの園児おべんとう』(ともに成美堂出版)など。

一般的な板こんにゃくのカロリーは100gで5kcalぐらいで、同じいも類のさつまいも123kcal、じゃがいも76kcalと比べてわかるようにダントツの低カロリー食品のようである。
炭水化物が少なく、脂質がほとんど含まれていないため、ダイエット食としての人気も高く、食物繊維、カルシウムなどの栄養価も豊富で、健康や美肌づくりなどにも効果が期待できそうである。

本書は、こんにゃくを使用した取り合わせ豊かな料理レシピが掲載された書き物である。
板こんにゃく、玉こんにゃく、しらたき、つぶこんにゃくなどを使用した、煮物、炒め物、汁物、あえ物、ディップ、サラダなど100品が紹介されている。
鮭とこんにゃくの南蛮漬け、肉巻きこんにゃく、こんにゃくチーズカツレツ、こんにゃく入りお好み焼き、つぶこん餃子、糸こん焼きそばなどが掲載されており、完成した料理のカロリーと食物繊維の表示など、献立に取り入れる際の目安になりそうである。
下ゆでの仕方、保存方法、切り方の解説や、レシピで使用したこんにゃくの製品紹介もあり興味深い。


俳句を置かせて頂く。

三日月に蒟蒻玉を掘る光り 萩原麦草



こんにゃく博物館の満腹こんにゃくレシピ (別冊すてきな奥さん)

こんにゃく博物館の満腹こんにゃくレシピ (別冊すてきな奥さん)

  • 作者: 脇 雅世
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2012/06/20
  • メディア: ムック


nice!(119) 

港区 旧芝離宮恩賜庭園 河原撫子(かわらなでしこ) [日記・雑感]

先日、旧芝離宮恩賜庭園で「河原撫子(かわらなでしこ)」の花を見かけました。
CIMG4395-2_1.jpg
「河原撫子(かわらなでしこ)」はナデシコ科の多年草で、桔梗(ききょう)と同じく秋の七草として親しまれ、『万葉集』には「なでしこ」の名前で見られるそうです。
CIMG4387-2_1.jpg
中国から渡ってきたセキチク(唐撫子)に対し、大和撫子(やまとなでしこ)とも呼ばれるということです。
CIMG4391-2_1.jpg
「里山の植物ハンドブック」では、河原や草原に生息するが、河川の改修や乱獲などにより自生地が減っており、地域によっては絶滅危惧種となっていると紹介されていました。


俳句を置かせて頂きます。

撫子やただ滾々と川流る 山口青邨



里山の植物ハンドブック―身近な野草と樹木

里山の植物ハンドブック―身近な野草と樹木

  • 監修: 多田多恵子
  • 写真: 平野 隆久
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2009/02
  • メディア: 単行本

合本俳句歳時記 第四版

合本俳句歳時記 第四版

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川学芸出版
  • 発売日: 2008/06/28
  • メディア: 単行本



nice!(117) 

大田区にて 花菖蒲(はなしょうぶ) [日記・雑感]

大田区の知り合いの庭先で見かけた花菖蒲です。
RIMG3440_1.JPG
歳時記によると、「花菖蒲(はなしょうぶ)」はアヤメ科の多年草で、昔から観賞用として水辺などの湿地に栽培され、いまでも改良が年々進んでいるようです。
RIMG3441-2_1.jpg
花の周りに蜘蛛がおり、何かを計っているようでした。


俳句を置かせて頂きます。

花菖蒲ゆれかはし風去りにけり 高野素十



現代俳句歳時記 (夏) (ハルキ文庫)

現代俳句歳時記 (夏) (ハルキ文庫)

  • 作者: 角川 春樹
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 1997/06
  • メディア: 文庫


nice!(110) 

港区 旧芝離宮恩賜庭園 桔梗(ききょう) [日記・雑感]

先日の旧芝離宮恩賜庭園では「桔梗(ききょう)」の蕾(つぼみ)や花を見ることができました。
こちらは、今にも花が開きそうに膨らんだ蕾の様子です。
CIMG4283-2_1.jpg
「桔梗(ききょう)」はキキョウ科の多年草で、秋の七草のひとつとして、『万葉集』の時代から花が親しまれていたようです。
CIMG4279_1.JPG
「里山の植物ハンドブック」によると、数十年前までは野山の草地でよく見られていたものの、最近では数が減り、絶滅が心配されているとのことです。


俳句を置かせて頂きます。

桔梗やまた雨かへす峠口 飯田蛇笏



里山の植物ハンドブック―身近な野草と樹木

里山の植物ハンドブック―身近な野草と樹木

  • 監修: 多田多恵子
  • 写真: 平野 隆久
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2009/02
  • メディア: 単行本

角川俳句大歳時記「秋」

角川俳句大歳時記「秋」

  • 編集: 角川学芸出版
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/07/31
  • メディア: 単行本


nice!(120) 

「こころも育つ〈図解〉ホタルの飼い方と観察」大場信義 [本]

「こころも育つ〈図解〉ホタルの飼い方と観察」

著者:大場信義
発行:ハート出版

大場信義(おおばのぶよし)氏の作品
1945年、神奈川県鎌倉市に生まれる。
東京理科大学理学部卒業。
東レ株式会社基礎研究所、公立中学校教諭を経て、横須賀市自然・人文博物館主任学芸員。
2006年定年退官後に大場蛍研究所所長となり現在に至る。
横須賀市長井海の手公園ソレイユの丘ホタル館顧問、神奈川大学総合理学研究所客員教授、産業技術総合研究所客員研究員、
全国ホタル研究会名誉会長。(京都大学理学博士)

〈著書〉
ホタルの観察と飼育(ニュー・サイエンス社)(共著)
ホタルのコミュニケーション(東海大学出版会)
ゲンジボタル(文一総合出版)
ホタルの里(フレーベル館)
ホタルが先生ぼくらの環境学校(ハート出版)
生物の光環境センサー(共立出版、共著)
擬態(築地書館、共著)
ビオトープの構造(朝倉書店 共著)
ホタル点滅の不思議-地球の奇跡(横須賀市自然・人文博物館)
田んぼの生きものたち ホタル(農文協)ほか。

本書は、写真やイラストなど使いホタルの飼育・観察方法、ホタルの形態や生態、分布、小中学校などの地域連携でのビオトープ作りなどが解説された書き物である。
産卵のための場所作り、野外での飼育方法、飼育環境の作り方、飼育用具の紹介、外敵と病気などが解説されている。
ホタルの紹介の頁では、体長・色彩・形態・成虫出現期・分布・発行パターン・交信様式・生活史・生息環境などが掲載されており、ゲンジボタル、ヘイケホタル、キイロスジホタル、アキマドホタル、カタアカホタルモドキ、オキナワクロホタルモドキ、オオオバボタルなどが紹介されている。
本書は、平成12年5月に刊行された「増補/学校・地域でビオトープ〈図解〉親子で楽しむホタルの飼い方と観察」を大幅に加筆訂正したものと記されている。


こころも育つ 図解・ホタルの飼い方と観察―人の生活と自然を調和させた世界に誇る日本の「ホタル文化」

こころも育つ 図解・ホタルの飼い方と観察―人の生活と自然を調和させた世界に誇る日本の「ホタル文化」

  • 作者: 大場 信義
  • 出版社/メーカー: ハート出版
  • 発売日: 2012/05/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(110) 

港区 旧芝離宮恩賜庭園 インドハマユウ [日記・雑感]

先日、旧芝離宮恩賜庭園を訪れた時に見かけたインドハマユウの花です。
CIMG4317_1.JPG
インドハマユウ(印度浜木綿)は「浜木綿(ハマユウ)」と同じヒガンバナ科の多年草で、テッポウユリのような大輪の六弁の花を多数付けるのが特徴だそうです。
CIMG4315-2_1.jpg
「浜木綿(ハマユウ)」は浜万年青(ハマオモト)とも呼ばれ、インドハマユウよりも花弁が細いようです。
nice!(110)