So-net無料ブログ作成
<ご連絡>
仕事や私事が重なり、しばらくの間、不定期の更新とさせて頂きます。
何卒宜しく御願い申し上げます。

「すべてがわかる! 「豆類」事典」加藤淳/宗像伸子 [本]

「すべてがわかる! 「豆類」事典」

監修:加藤淳/宗像伸子
発行:世界文化社

加藤淳(かとうじゅん)氏
北海道立総合研究機構農業研究本部中央農業試験場農業環境部長。
帯広畜産大学大学院修士課程修了。
豪州クイーンズランド大学食品科学工学科客員研究員。
「小豆・インゲン豆の加工特性と変動要因に関する研究」で学位取得。講演活動や豆の普及にも力を入れていて、「小豆博士」として幅広く活躍。
著書に『北海道発農力最前線-日本人の食を支えるのは誰か』(BABジャパン)、『小豆をぐんぐん健康になる本』(BABジャパン)、『アズキの絵本』(農文教、共著)など。

宗像伸子(むなかたのぶこ)氏
管理栄養士。
ヘルスプランニング・ムナカタ主宰。
東京家政学院大学客員教授。
山王病院および半蔵門病院の栄養部に勤務し、「おいしい治療食」が評判となる。
NHK『きょうの料理』『きょうの健康』などのテレビ番組を筆頭に数々のマスメディアに登場するほか、全国各地での講演、栄養指導、短大講師、メニュー開発などさまざまなジャンルで活躍。
モットーは『おいしく食べて生活習慣病を防ぐ』。
著書に『カラー版 一品料理500選 治療食への展開』(医歯薬出版)、『キッチン栄養学』(高橋書店)など。

豆の仲間は世界で18000種程あり、そのうち食用としての豆類は約70種類あるそうだ。
日本で栽培されている主な種類は、大豆、落花生、小豆、ささげ、いんげん豆、ベニバナインゲン、えんどう、そら豆の8種類あり、タンパク質、ビタミン類、ミネラル、食物繊維など人間の体に必要な栄養素が豊富で、健康の維持や増進、生活習慣病予防などに役立つという。

本書は、豆類の種類や歴史などの基本的な知識や、輸入豆も含む注目されている57品種を紹介する豆カタログ、大豆の加工食品や豆菓子の解説、豆類を使ったレシピなどが解説された書き物である。
豆カタログ、豆製品カタログでは、写真とともに、おもな栄養成分・エネルギー・生産地・体への働きなどが掲載されている。
「ダイエットしたいとき」「貧血を予防したいとき」などと目的や症状別に提案されたレシピは、食べやすそうなものが多いかと思う。
豆類・お取り寄せ帖や、豆の栽培も興味深い。


すべてがわかる! 「豆類」事典 (食材の教科書シリーズ)

すべてがわかる! 「豆類」事典 (食材の教科書シリーズ)

  • 監修:加藤淳・宗像伸子
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2013/09/24
  • メディア: 単行本


nice!(126) 
共通テーマ:

大田区にて 福寿草(元日草) [日記・雑感]

打合せの帰り道、福寿草(元日草)を見かけました。
RIMG2795-2_1.jpg
歳時記によると、福寿草はキンポウゲ科の多年草で、江戸時代から観賞用に栽培が行われており、正月に花が咲くように鉢植えにするそうです。
おめでたさを感じる黄金色の花から元日草とも呼ばれ、自生しているものの開花は二月~三月のようです。


俳句を置かせて頂きます。

福寿草ひらきてこぼす真砂かな 橋本鶏二
nice!(118) 
共通テーマ:日記・雑感

しながわ区民公園水族館口 しながわ水族館付近 沈丁花 [日記・雑感]

先日、打合せの帰りにしながわ水族館の近くを通りがかったとき、「沈丁花」の花を見かけました。
RIMG2793-2_1.jpg
沈丁花(ジンチョウゲ)は中国原産のジンチョウゲ科の常緑低木で、三~四月頃に細長い萼筒をもつ四片花が枝先に集まって咲く、と歳時記にあります。
カメラを向けているときも、とても良い香りが辺り一面に漂っていました。


俳句を置かせて頂きます。

疲れゐて沈丁の香をすぐまとふ 加倉井秋を



現代俳句歳時記 春 (ハルキ文庫)

現代俳句歳時記 春 (ハルキ文庫)

  • 編者: 角川春樹
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 1997/04
  • メディア: 文庫


nice!(120) 
共通テーマ:日記・雑感

「健康ライブラリーイラスト版 ひざの痛みがとれる本」黒澤尚 [本]

「健康ライブラリーイラスト版 ひざの痛みがとれる本」

著者:黒澤尚
発行:講談社

黒澤尚(くろさわひさし)氏の作品
1943年生まれ。
順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター特任教授。
1970年、東京大学医学部卒。
東京大学医学部整形外科講師、東京逓信病院整形外科部長、順天堂大学医学部整形外科主任教授などを経て、現職。
専門はひざの外科、スポーツ外傷、運動療法など。変形性ひざ関節症、廃用症候群などに、体操を中心にしたセルフコントロール法を提唱。
主な著書に『ひざの痛みをとる本』『歩いて治すひざの痛み』(ともに講談社)などがある。

取引先や仕事仲間などにも膝の痛みを抱えている方が増えてきているように感じる。
病院に受診している方に伺うと「変形性ひざ関節症」と診断されヒアルロン酸注射と鎮痛剤を処方され、治療されている方が多いようだ。
本書によると、中高年になって膝が痛いという場合、もっとも考えられるのは「変形性ひざ関節症」らしく、「長く歩きつづけられない」、「歩いたあとにひどく痛む」「階段の上り下りができない」「長い時間座っていられない」「座っていて立ち上がれない」などの痛みの症状があるようであり、日常生活にも支障が出るほどに痛むこともあるらしい。

本書は、ひざに痛みを抱えている方や変形性ひざ関節症の方などに向けて提案されたひざの体操(黒沢式ひざ体操)や運動の前後のストレッチング、ウォーキング療法、変形性ひざ関節症の基礎知識などが紹介された書き物である。
イラストを使い、運動時の足やひざなどの体の使い方が掲載されており、解説、回数、行うタイミング、注意、体験談などが書かれている。
「黒沢式ひざ体操」はひざを強く鍛え上げ、再発を予防することと、痛みをとる治療法と考えてられているようで、「ひざが痛くても水がたまっていてもできる体操」と著者は述べている。
アイシングの方法、温熱療法、塗り薬+マッサージの効果的な方法や、ダイエット、サプリメント、生活習慣などについてのアドバイスも書かれている。


ひざの痛みがとれる本 (健康ライブラリーイラスト版)

ひざの痛みがとれる本 (健康ライブラリーイラスト版)

  • 作者: 黒澤 尚
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/04/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(116) 
共通テーマ:

「薬日本堂の漢方で体をととのえる穀菜食」薬日本堂/ダンノマリコ [本]

「薬日本堂の漢方で体をととのえる穀菜食」

監修:薬日本堂
料理:ダンノマリコ
発行:主婦の友社

薬日本堂(くすりにほんどう)監修
1969年創業。
漢方の考え方をベースに、一人ひとりの体質や悩みに合わせて健康をトータルにアドバイスするブランドを展開している。
一に養生、二に漢方の「薬日本堂」、幅広い世代に漢方ライフスタイルを提案する「ニホンドウ漢方ブティック」、漢方で美しく輝けるよう、漢方と香りを融合させた漢方ビューティーブランド「カガエ カンポウ ブティック」を展開。
その他にも薬日本堂漢方スクールにて「漢方養生指導士」を養成するなど、漢方の普及を目指している。
「ニホンドウ漢方ミュージアム」(東京都港区)は、漢方スクール・ギャラリー・ブティック・レストランと、漢方養生ライフの提案型複合ショップ。
日本コカ・コーラ社「からだ巡茶」やライオン菓子「薬日本堂のど飴」の開発協力など他業種とのコラボレートも多数。

ダンノマリコ氏
フードスタイリスト。
センスあふれるスタイリングと料理で書籍や雑誌で活躍。
著書に『保存びんに、季節とおいしさ詰め込んで。旬の味覚202レシピ』(主婦の友社)、『味つけがぴたりと決まる手作り調味料 はちみつ味噌のレシピ』(マーブルトロン社)などがある。

漢方の養生法のひとつに食養生があるという。
白米や玄米、雑穀などの穀物と旬の野菜を中心に作り上げる穀菜食は日本人が古来より続けてきた食生活であり、食材は、できるだけその土地でとれたものを使うことも健康な体を作るために重要であるようだ。

本書は、旬の野菜などが持つ食材の栄養素や特性を活かし取り合わせられた、穀菜食レシピが紹介された書き物である。
春のにら、キャベツ、アスパラガス、たけのこ、はまぐり。夏のあじ、トマト、なす。秋のれんこん、きのこ類。冬の小松菜、白菜などの食材を使い、四季別に分けられた体に負担の少ないであろうと思われるレシピ、献立が並ぶ。
穀物や雑穀、発酵食品、豆類、海藻類、乾物、肩こり・むくみなどの症状別のおすすめ食材などの解説は役にたつことも多いかと思う。
巻末にある簡単に作れる保存食のレシピは試してみたくなる。


薬日本堂の漢方で体をととのえる穀菜食

薬日本堂の漢方で体をととのえる穀菜食

  • 監修: 薬日本堂
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2015/12/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(118) 
共通テーマ:

品川区にて 木瓜 [日記・雑感]

品川区の鮫洲で仕事の打合せの帰りに見かけた「木瓜の花」かと思われます。
RIMG2759-2_1.jpg
歳時記によると、中国原産のバラ科の落葉低木とあり、四月ごろ葉に先立って花が開くとあります。
実は薬用となるそうです。
RIMG2763-2_1.jpg

俳句を置かせて頂きます。

口ごたへすまじと思ふ木瓜の花 星野立子



nice!(114) 
共通テーマ:日記・雑感

「ゆずが効く!―認知症予防に!糖尿病予備軍に!美肌になりたい人に!」平柳要 [本]

「ゆずが効く!―認知症予防に!糖尿病予備軍に!美肌になりたい人に!」

著者:平柳要
発行:主婦と生活社

平柳要(ひらやなぎかなめ)氏の作品。
東京大学大学院医学研究科修了、医学博士。
イタリア・パルマ大学客員研究員、ハーバード大学客員研究員、マチサューセッツ工科大学客員研究員を経て、日本大学医学部准教授となる。
日本人間工学会、日本宇宙航空環境医学会、日本臨床高気圧酸素・潜水医学会の理事、日本衛生学会の評議員などを務めたのち、平成21年9月1日に「食品医学研究所」を設立。
近年は、日産科学振興財団、三菱財団などの研究助成でのストレス研究、トヨタ自動車との先端的共同研究「自律神経機能計測」、ロッテとの共同研究「生姜による乗り物酔い予防」、永谷園との共同研究「生姜によるエネルギー代謝量計測」のほか、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共に宇宙医学という最先端研究でも活躍。
また、生姜研究の第一人者として各種雑誌、テレビなどに出演。
エビデンスのあるサプリメント開発やダイエット法の研究などに力を入れ、情報提供やサプリメント開発などの監修を行っている。
著書に『がん予防に実は日光浴が有効なわけ―ビタミンDの驚きの効力』(講談社+α新書)など。

本書によると、柚子の持つ独特の強い苦味・酸味・渋味の成分や香りについての研究が国内外で進んでいるようで、様々な病気の予防、症状改善効果があることが分かってきているようだ。
糖尿病、高血圧、脂質異常症、内臓肥満などのメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)関連の病気や、認知症、ガン、骨粗しょう症などの予防、症状緩和に効果が認められきているようである。

本書は、健康や美容の話、ゆずを使用した体験談、効能、健康法、レシピなどが掲載された書き物である。
著者の平柳要氏の提唱する「ヒラヤナギ式3大ゆず健康法」では、柚子を飲む・食べる・ゆず風呂についての効能効果について解説されており、「実践!365日ゆず活用法」では1日の摂取量、保存方法、ヒラヤナギ式ゆず茶の作り方、ゆず化粧水の作り方などが紹介されている。
ゆずを使用したレシピには、ゆずホットミルク、ゆずはちみつ漬け、ゆずみそ、ゆず酒、ゆずバター、ゆずいなりずし、ゆず風味かき揚げなどの26種類のレシピがイラストともに掲載されている。
巻末にゆずのおすすめ商品(飲み物、調味料、アロマオイルなど)も紹介されている。


俳句を置かせて頂く。

吾子はみな柚子湯の柚子を胸に抱き 山口青邨



ゆずが効く!―認知症予防に!糖尿病予備軍に!美肌になりたい人に!

ゆずが効く!―認知症予防に!糖尿病予備軍に!美肌になりたい人に!

  • 作者: 平柳 要
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2010/11
  • メディア: 単行本



nice!(121) 
共通テーマ:

「イモムシハンドブック」安田守 [本]

「イモムシハンドブック」

著者:安田守
監修:高橋真弓/中島秀雄
発行:文一総合出版

安田守(やすだまもる)氏
生きもの写真家。
信州伊那谷を拠点として、広く生物や自然を撮影している。
著書に『集めて楽しむ昆虫コレクション』(山と渓谷社)など。

高橋真弓(たかはしまゆみ)氏 ※チョウ類監修
専門はチョウ類の生物地理学、著書に『チョウ-富士川から日本列島へ』(築地書館)など。

中島秀雄(なかじまひでお)氏 ※ガ類監修
専門は成虫分類・生態(幼生期)、著書に『冬尺蛾』(築地書館)など。

イモムシは漢字にすると「芋虫」と書き、元はサトイモに発生する「セスジスズメ」やサツマイモに発生する「エビガラスズメ」の幼虫などを指してイモムシと呼ばれていたが、のちに毛の少ない棒状の幼虫一般の呼び方として使われるようになったそうだ。
一方で、刺毛が密生するヒトリガ科の幼虫などには「毛虫」という呼び名が使われているらしい。
本書では、成虫になると蝶や蛾となる幼虫(鱗翅目幼虫)をイモムシと総称して解説されている。
日本に生息するイモムシはチョウ類約300種、ガ類約5500種あるといい、本書では、身近な環境で見られる種、農作物などに見られる種、形態・生態が特徴的な種を中心に、チョウ類91種、ガ類135種の合計226種が挙げられている。
幼虫のアップ写真、成虫、蛹・繭・巣などの写真を中心に、科名・和名・学名、体長、成虫開張、齢数、幼虫発生期・越冬態、分布、食物、特徴などが掲載されている。
ナガサキアゲハ、モンシロチョウ、ゴイシシジミ、ヤクシマルシジミ、イシガケチョウ、バナナセセリ、コウモリガ、セミヤドリガ、ギンモンカギバ、オカモトトゲエダシャク、シャチホコガなどが紹介されている。


イモムシハンドブック

イモムシハンドブック

  • 作者: 安田 守
  • 出版社/メーカー: 文一総合出版
  • 発売日: 2010/04/10
  • メディア: 単行本


nice!(124) 
共通テーマ:

「奇跡の高齢者ソフト食: 誤嚥を防いで健康きーぷ」黒田留美子 [本]

「奇跡の高齢者ソフト食: 誤嚥を防いで健康きーぷ」

著者:黒田留美子
発行:小学館

黒田留美子(くろだるみこ)氏の作品
管理栄養士・農学博士。
潤和リハビリテーション診療研究所客員研究員、日本摂食・嚥下リハビリテーション学会評議員、高齢者ソフト食研究会会長。
別府女子短期大学卒業。
宮崎県社会事業団県立ひまわり学園、診療所、宮崎県栄養士会事務局勤務などを経て、老人保健施設ひむか苑(現介護老人保健施設ひむか苑)栄養管理室に勤務。
「黒田留美子式/高齢者ソフト食」を提唱し、2003年、第1回杉田玄白賞を受賞。
2006年、宮崎日日新聞賞社会賞受賞。
2010年、宮崎大学大学院農学工学総合研究科修了、農学博士を取得。
著書多数。
講演を通じて高齢者ソフト食の普及に努めている。

著者の黒田留美子氏の提唱する「高齢者ソフト食」とは、しっかりと形がありながら、口に入れるとやわらかくて噛みやすく、スムーズに飲み込むことができる新しい食形態とある。
咀嚼力の低下や嚥下機能の衰えなど、普通の食事を摂ることが困難な方にも充分に食べることができる「高齢者ソフト食」には次の4つの特徴があるらしい。
1.舌で押しつぶせる程度のかたさ
2.バラつかず、まとまりのある食塊
3.胃まで移送しやすく、飲み込みやすい
4.見た目が美しく、食欲をそそる

安全に美味しく食べるためには、健康状態や身体機能にあわせた食材の選び方や切り方、下処理などの調理方法の工夫が常に必要になるようである。
ひき肉と油をまぶした玉ねぎでつくる「ソフトとんかつ」、介護食用ゼラチン寒天で作る「にぎりずし」「おはぎ」などレシピも紹介されている。


奇跡の高齢者ソフト食: 誤嚥を防いで健康きーぷ (実用単行本)

奇跡の高齢者ソフト食: 誤嚥を防いで健康きーぷ (実用単行本)

  • 作者: 黒田 留美子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2014/09/04
  • メディア: 単行本


nice!(116) 
共通テーマ:

品川区にて ライラックの冬芽 [日記・雑感]

先日の西大井方面での仕事の帰り道、ライラックの木がありました。
冬芽なのでしょうか。まだ硬そうに見えます。
RIMG2711_1.JPG
こちらの枝に付いているのは、種が飛び散った後の実の殻と思われます。
RIMG2719-2.jpg
歳時記によると、ライラックは冷涼な気候を好み、4月~6月に普通紫色の総状の小さな花をつけるそうです。
楽しみに待ちたいと思います。
nice!(122) 
共通テーマ:日記・雑感