So-net無料ブログ作成
<ご連絡>
仕事や私事が重なり、しばらくの間、不定期の更新とさせて頂きます。
何卒宜しく御願い申し上げます。

「東京暗渠学」本田創 [本]

「東京暗渠学」

著者:本田創
発行:洋泉社

本田創氏の作品。
暗渠者。
1972年東京都生まれ。
小学生のころ、50年代の東京区分地図で川探索に目覚め、谷田川から暗渠の道にハマる。
1997年より東京の暗渠や水路、湧水などの探索の成果をウェブサイトにて公開。
編著に『地形を楽しむ東京「暗渠」散歩』(洋泉社)。
ほか『東京ディープツアー』(毎日新聞社)、雑誌『東京人』などに寄稿。

「暗渠(あんきょ)」とは、蓋をされた河川や地中に埋没した水路のことで、元は地上に露出していた川や水路に蓋を掛けたものであったり、元からあった水路を埋め立てて新たに作り直したものなど、「水路」として機能しているものを指すようだ。

本書は、「かつて川や用水路、溝渠(こうきょ)が流れていた空間」でかつ「現在でもその流路がなんらかのかたちで確認できるもの」を広義の暗渠として、地上から見た川や水路の痕跡をたどり、東京の地形や失われた水系などが解説された書き物である。
Ⅰ章では、鮫川~桜川(新宿区)、三田用水とそこからの分水路(目黒区・渋谷区)石神井用水(板橋区・北区・荒川区)などの東京の暗渠空間が紹介されている。
Ⅱ章では、失われた川の成り立ちや、暗渠として残るルートの成り立ちから消滅までの「東京の暗渠史」を解説し、神田堀(竜閑川)・浜町川と神田大下水(藍染川)(千代田区・中央区)、矢沢川(世田谷区)、古戸越川(品川区)などが取り上げられている。
Ⅲ章では、川の痕跡をたどる手がかりとして、地形や地名、区界や町界、川が流れていたころの遺構、暗渠特有の構造物や環境、川や水に関連する事物や景観を挙げ、和泉川(神田川支流)(新宿区・渋谷区・杉並区)、練馬の谷戸の暗渠群などから、川の記憶、土地の歴史を振り返る。

著者制作の暗渠・河川ルートを表示した地図や、実地写真が豊富に掲載されており、興味深い内容となっているかと思う。


東京暗渠学

東京暗渠学

  • 作者: 本田 創
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2017/08/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(74) 
共通テーマ:

nice! 74