So-net無料ブログ作成
<ご連絡>
仕事や私事が重なり、しばらくの間、不定期の更新とさせて頂きます。
何卒宜しく御願い申し上げます。

「地球の歩き方 御朱印シリーズ10 御朱印でめぐる秩父 <三十四観音完全掲載>」 [本]

「地球の歩き方 御朱印シリーズ10 御朱印でめぐる秩父 <三十四観音完全掲載>」

著作:『地球の歩き方』編集室
発行:ダイヤモンド社

関東地方が発達した理由の一つに、秩父をはじめとした関東の山の存在があるという。
山は天候をつかさどる存在として、また水源として、ときに人生を変える程の力がある場所としてあがめられ、「山岳信仰」として広まっていったようである。
江戸時代までは、御師(おし)や山伏のような修行者や先達の案内がないと山に入れない、という程に神聖な場所として考えられていたようだ。

秩父の山では焼き畑農業が行われており、農作物をイノシシや鹿などの害獣から守ったオオカミに厄除けの御利益があると考えられたため、オオカミを「お犬さま」「御眷属(ごけんぞく)」と呼び、神の使いとして今も崇敬しているそうである。
標高1100m程の山中にある三峯神社をはじめ、秩父の多くの神社にはオオカミ像があり、参拝者には「御眷属(ごけんぞく)拝借」や「オオカミのお札」と呼ばれる護符を発行しているという。

本書は、秩父の神社と寺院の情報や御朱印が紹介された書き物である。
秩父三社である三峯神社、秩父神社、寶登山神社をはじめ、聖神社や小鹿神社など特色ある秩父の神社と、西国三十三ヶ所、坂東三十三ヶ所とともに日本百番観音に数えられる「秩父三十四ヶ所観音霊場」の各寺院について、住所・交通・拝観時間・拝観料・寺社と御朱印の写真が簡潔な解説とともに掲載されている。
秩父の交通ガイド、巡礼ルートの紹介や、巡礼ファッション、御朱印頂き方講座など、御朱印めぐりのための各種情報の他、秩父夜祭や小鹿野春まつりなどの祭事、長瀞や贄川宿(にえがわじゅく)などの観光名所やグルメ、おみやげなど、旅行ガイドブックとしても役立ちそうな内容かと思う。


御朱印でめぐる秩父 三十四観音完全掲載 (地球の歩き方御朱印シリーズ)

御朱印でめぐる秩父 三十四観音完全掲載 (地球の歩き方御朱印シリーズ)

  • 作者: 『地球の歩き方』編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2017/06/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(71) 
共通テーマ:

nice! 71