So-net無料ブログ作成
検索選択
<ご連絡>
仕事や私事が重なり、しばらくの間、不定期の更新とさせて頂きます。
何卒宜しく御願い申し上げます。

千代田区 皇居東御苑にて 河骨(こうほね) [日記・雑感]

先日訪れた皇居東御苑の二の丸池では、水生植物の葉が水面に広がり、花が咲き始めているようでした。
CIMG5758-2_1.jpg
こちらは、ヒメコウホネという種類だそうです。
CIMG5759-2_1.jpg
「河骨(こうほね)」は池や沼、河川の浅いところに自生するスイレン科の多年草で、太い根茎が白骨のように見えるため、河骨という名がついているということです。
地下茎は、漢方で強壮薬や婦人薬などにも使われるそうです。
CIMG5756-2_1.jpg
つぼみの上にトンボがしばらく止まっており、羽を休めているようでした。


俳句を置かせて頂きます。

河骨のたかき莟(つぼみ)をあげにけり 富安風生



現代俳句歳時記 (夏) (ハルキ文庫)

現代俳句歳時記 (夏) (ハルキ文庫)

  • 作者: 角川 春樹
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 1997/06
  • メディア: 文庫


nice!(74) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 74