So-net無料ブログ作成
<ご連絡>
仕事や私事が重なり、しばらくの間、不定期の更新とさせて頂きます。
何卒宜しく御願い申し上げます。

「タンポポハンドブック」保谷彰彦 [本]

「タンポポハンドブック」

著者:保谷彰彦
発行:文一総合出版

保谷彰彦(ほやあきひこ)氏の作品
東京大学博士課程修了。
博士(学術)。
サイエンスライター。
専門はタンポポの進化や生態。
農業環境技術研究所、国立科学博物館植物研究部でのタンポポ研究を経て、企画と執筆の「たんぽぽ工房」を設立。
現在、文筆業のほかに、大学で生物学の講義なども行う。
主な著書は『わたしのタンポポ研究』(さ・え・ら書房)、『身近な草花「雑草」のヒミツ』(誠文堂新光社)など。

日本はタンポポの種類が大変豊富な国だそうである。
北海道から九州に至るまで、地域ごとに異なるタンポポが分布し、その数は30種類ほどあるようだ。
市街地、低地の里山、標高が高い山里、高山など、生育環境も多様だという。

本書は、亜種や変種、品種も含む約30種のタンポポが解説されたハンドブックである。
写真(生態写真・頭花などの写真・総苞写真・葉の写真など)と短くまとめられた解説を中心に、キャッチコピー(種類をイメージさせる簡潔な句)や、分布・花期・倍数性などが掲載されている。
ユウバリタンポポ、ミヤマタンポポ、トウカイタンポポ、モウコタンポポ、ケンサキタンポポ、キバナシロタンポポなどが紹介されている。
「タンポポの雑種とは?」、「タンポポと似た植物」、「タンポポを育ててみよう!」などの書き物も興味深い。


俳句を置かせて頂く。

行けどたんぽぽ行けどたんぽぽ蝦夷広し 菖蒲あや



タンポポハンドブック

タンポポハンドブック

  • 作者: 保谷 彰彦
  • 出版社/メーカー: 文一総合出版
  • 発売日: 2017/02/04
  • メディア: 単行本


nice!(80) 
共通テーマ:

nice! 80