So-net無料ブログ作成
検索選択
<ご連絡>
仕事や私事が重なり、しばらくの間、不定期の更新とさせて頂きます。
何卒宜しく御願い申し上げます。

「日本の豆ハンドブック」長谷川清美 [本]

「日本の豆ハンドブック」

著者:長谷川清美
発行:文一総合出版

長谷川清美(はせがわきよみ)氏の作品
1965年、北海道遠軽町出身。
2001年に横浜で豆販売会社(有)べにやビスを設立。
在来豆に関する調査や執筆、講演のほか、イベントや海外ツアーも催す。
2011年からは国内外の豆の原産地を訪ねている。
著書に『べにや長谷川商店の豆料理』『豆料理きほんのき』がある。

本書は、古くから農家や地域に伝わる日本各地にある豆の在来種(在来豆)を中心に紹介された書き物である。

「在来種」という言葉に明確な定義はないそうだが、本書では「農家が自給作物を作るために長い間自らタネを採り栽培してきた作物」のことを在来種と解釈しているという。
品種改良され、系統が管理されている栽培種(育成品種)の豆とは違い、各地方・各農家が作り続けてきた在来豆は系統がバラバラで、色や形、大きさなどの形質も地方や生産者によって様々、名称も人名や地名で呼ばれていたりと個性豊かな点が魅力なのだそうだ。

筆者が出会った日本各地の豆の原寸大の写真と解説を中心に、品種名、別名、生産地、生産者/入手先などが掲載されている。
また、各地の美味しい豆料理や、豆の色々な食べ方を紹介したコラム、豆の入手方法と探し方、よい豆の選び方、豆の育て方、豆の保存法なども興味深い内容になっている。


日本の豆ハンドブック

日本の豆ハンドブック

  • 作者: 長谷川 清美
  • 出版社/メーカー: 文一総合出版
  • 発売日: 2016/07/09
  • メディア: 単行本


nice!(81) 
共通テーマ:

nice! 81